日本語の教え方【日本語教師ではない方向け】【第3章 補語について】

「日本語教師ではないが、日本語を教えることになった!」
「日本語教師ではないが、日本語の教え方をちょっと知りたい!」

という方に、読んでいただきたく、この記事を書きます。

これはズバリ、私が、「日本語教師養成講座の初日に、こんな講義を受けたかった!」という内容です。
今日は「第3弾」【補語について】です!

第1章からの流れは、下の赤枠のようになっています。
【1・2章】をご覧になっていない方は、ぜひ【第1弾】から、お読みください!

第1章で「丁寧体と普通体」、第2章で「品詞と述語」について、ご理解いただけたかと思います。

第3章は「補語」です

補語

突然ですが、補語の前に、第2章で書いた「助詞」を思い出しましょう!

うち 近く 味噌ラーメンの店 できた。私 味噌より 豚骨のほう 好きだ。
今日、妹 その店 行くようだ。「おいしい」言ったら、わたし 行こう 思う。

上の文の赤い字で書いた」「」「」「」「」「より」などが「助詞」です。
思い出しましたね?

では、「補語」について書きます。

「補語? なんか聞いたことあるような…、もしかして、英語の文法で勉強した?」

⇒そうです。英語の文法でも習いましたね!(第2文型「S+V+C」の「C」でしたっけ??)

ですが、日本語教育の「補語」は英語の「補語」とは異なるので、覚えていなくても大丈夫です。
むしろ、忘れてください!

まず、前提として、1つ言わせてください。
「補語」は専門家によって、見方が異なり、どの言葉を「補語」というかは、統一されていません。

「1つにしてくれ~!」

日本語教師を代表して、こう叫びたくなりますが、このようなことは「補語」だけに限ったことではありません。いわゆる「諸説あり」です。

いろいろあっても仕方ないので、私が、下の定義をもとに、説明します!

「補語は述語を修飾(説明)する要素で、名詞+助詞(助詞がない場合もある)の形をとる。」

これだけでは、わかりません。下の文を見てください。

弟が きのう 公園で 彼女に 花を 贈った。

結論から言うと、「弟が」「きのう」「公園で」「彼女に」「花を」これらは全部「補語」です。
「補語」とは、述語を補う。つまり、述語を修飾(説明)する部分です。

日本語のカギは「述語」! 第2章で何度も強調しました。
述語はたいてい「文の最後にくる部分」でしたね。

この文の述語は「贈った」です。
弟が 贈った。」「きのう 贈った。」「公園で 贈った。」「彼女に 贈った。」「花を 贈った。」
全部、述語を説明しているので、それぞれが補語です。

日本語の文は「補語」と「述語」で成り立っています。
そして、補語は基本的に「名詞+助詞」の形で成り立っています。
※「きのう」のように、助詞を伴わずに、補語になるものもあります。(諸説あり)

では、ちょっと長い文を見てみましょう。

弟が きのう 難波の公園で かわいい彼女に きれいな花を 贈った。

難波の 贈った。」「かわいい 贈った。」「きれいな 贈った。」は、無理がありますね…。

「難波の」「かわいい」「きれいな」は、述語「贈った」を修飾(説明)しているのではなく、
直後の名詞を説明しているので、補語とは言えません。

「難波の→公園」「かわいい→彼女」「きれいな→花」

詳しく言うと、下のようになります。

難波(名詞) 公園(名詞)
かわい(イ形容詞)彼女(名詞)
きれい(ナ形容詞)花(名詞)

日本語教師なら、上のように、分類しなければなりませんが、

日本語教師ではない方なら、ざっくりと、これらを1つの名詞として考えてしまいましょう!

弟が きのう 難波の公園で かわいい彼女に きれいな花を 贈った。
        1つの名詞   1つの名詞   1つの名詞

難波の公園で 贈った。」「かわいい彼女に 贈った。」「きれいな花を 贈った。」

これで、「名詞+助詞」になるので、「補語」として成り立ちます!

強引に話を進めてきましたが、要するに、

『日本語は 補語と述語で できている。』

俳句のような、「5・7・5」のリズムで、理解しておきましょう!

では、ここからは「じゃ、どうやっておしえるの?」という点から、書いていきます。


「補語が大事」ということは「助詞が大事」。

「じゃ、単語を教えるときに、一緒に助詞を教えましょう!」という感じです!

結論から言うと、下のようになります。初級っぽく、全部「丁寧形」で書きます。
太字で書いた単語を教えるときに、赤い字で書いた助詞を一緒に教えます。

☆ 名詞の場合
①(~が・は)××× アメリカ人です。

☆ 形容詞(イ形容詞・ナ形容詞)の場合
②(~が・は)××× 大きいです。
③(~は)  ~が  ほしいです。
④(~が・は)××× 馬鹿です。
⑤(~は)  ~が  好きです。

☆ 動詞の場合
⑥(~が・は)××× 寝ます
⑦(~が・は)~を 食べます
⑧(~が・は)~へ 行きます
⑨(~が・は)~に 座ります
⑩(~が・は)~に ~を 贈ります
⑪      ~に ~が あります

なんとなく、言おうとしていることはわかるでしょうか?

例えば、新しく「座ります」という単語を教えるときには「~に 座ります」と教えます。

~に」を教えず、「座ります」だけ教えると、学習者は「椅子座ります」とか言ってしまいます。

「助詞を一緒に教えるのは、わかったけど、その助詞はどうやって選ぶの?」

ざっくりと説明します!(かなり雑です!)

☆ 全文共通 ①~⑪
◇(~が・は)の部分は、ほとんどの文に共通しているので、わざわざ単語ごとに教えません。

☆ 名詞
◇ ①名詞「アメリカ人」は「彼は アメリカ人です。」と「主語・述語」だけで、文が成立します。
 「目的語」をもたないので、一緒に教える助詞はありません。単独で教えます。

☆ 形容詞(イ形容詞・ナ形容詞)
◇ 形容詞には「目的語」をもつものと持たないものに分かれます。
◆ ②④は「目的語を持たない形容詞」なので、一緒に教える助詞はありません。単独で教えます。
◆ ③⑤はほしい」「ラーメンが好き」のように「目的語」を持つので、「~が」を一緒に教
  えます
  ※このような目的語を持つ形容詞は、英語では動詞であることが多いです。
   例:「ほしい≔want」「すき≔like」「嫌い=hate」

☆ 動詞 
動詞を教えるときには「必須補語を形成している助詞」を一緒に教えます

補語のなかには、文を構成するために絶対必要な補語「必須補語」と、必ずしも必要ではない補語「副次補語」があります。例を見てみましょう。赤い字は必須補語で、青い字は副次補語です。

例:弟が きのう 公園で 彼女に 花を 贈った

贈った」という動詞なら、「誰が 誰に 何を」⇒「弟が・彼女に・花を」の部分が「必須補語」で、それ以外の「きのう・公園で」は「副次補語」です。

よって、贈ります」という動詞を教えるときには、「~に ~を」を一緒に教えます。
※「弟が」の(~は・が)の部分は、ほとんど文に共通するので、わざわざ一緒に教えません。

◇ ⑥~⑪の動詞の一緒に教える助詞は、下のようになります。
⑥ ××× 寝ます(目的語を持たないので、単独で教える。)  ⑦ ~を 食べます
~へ 行きます ⑨ ~に 座ります ⑩ ~に ~を 贈ります ⑪ ~に ~が あります

「必須補語」は、雑な説明になってしまいましたが、今は深く考えなくてもいいです。とりあえず、
「単語(特に動詞)を教えるときは、助詞も一緒に教える」と思っていただければ、オッケーです!

以上のように、「助詞」の指導は、初級の重要項目の1つです。

上で書いた「日本語は 補語と述語で できている。」


「日本語は 助詞と述語で できている。」とも、言えるでしょう!

まとめ

この記事では、「補語」と「助詞の重要性」について、書きました。
まとめると、以下の2点です。

・「日本語は   補語と述語で   できている」≔「日本語は   助詞と述語で   できている」
・単語(特に動詞)を教えるときは、助詞を一緒に教える。

私は、初級指導の最重要項目は、下の3つだと思っています。

① 日本語は助詞と述語でできている。⇒述語(文の最後まで)をちゃんと言わせる指導をする。
② 日本語は助詞と述語でできている。⇒助詞をきっちり指導する。
③ 日本語は助詞と述語でできている。
  ⇒述語がちゃんと言えるように、活用(動詞などの変化)を、しっかり練習する。

要するに、「述語」「助詞」「活用」この3点です!
①・②については、この第3章までに、書きました。

第4章では、重要項目の③の「活用」について書きます。
簡単に日本語の活用(変化)がわかりますので、よければ、続けてお読みください!

第4章【活用について】

ご質問、ご相談等、お気軽にコメントをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました