日本語の教え方【日本語教師ではない方向け】【第4章 活用について】

「日本語教師ではないが、日本語を教えることになった!」
「日本語教師ではないが、日本語の教え方をちょっと知りたい!」

という方に、読んでいただきたく、この記事を書きます。

これはズバリ、私が、「日本語教師養成講座の初日に、こんな講義を受けたかった!」という内容です。

第4章は、第3章までと比べると少し専門的な話となります。
日本語教師としての基本中の基本「活用」です。

日本語教師ではない方でも、これが分かっていれば、専門的に教えることができるようになりますので、ゆっくりと読んでください!

第1章からの流れは、下の赤枠のようになっています。
3章までをご覧になっていない方は、ぜひ【第1弾】から、お読みください!

第1章で「丁寧体と普通体」、第2章で「品詞と述語」第3章で「補語」について書きました。

第4章は「活用」です。

活用

活用って何?

⇒「なんとなくわかる。変化することでしょ?

それだけ分かっていれば、十分です! なんか中学ぐらいで習いましたよね。

「食べる 食べない 食べた 食べなかった」等、このような変化をすることを「活用する」と言います。

私は、第2章で日本語を教えるために必要な品詞は、下の5つだけでいいと書きました。

「名詞」「動詞」「イ形容詞」「ナ形容詞」「助詞」
「イ形容詞」…学校文法の形容詞 「ナ形容詞」…学校文法の形容動詞

「活用」についても、この5つの品詞で考えていきます。

「活用といえば動詞!」なので、まず「動詞の活用」について書きます。(この記事の約9割は動詞の活用です)

そして、最後に「動詞以外の活用」について、少しだけ書きます。

活用(動詞)

未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形

これら、学校文法で並ぶ、思い出したくない言葉です。
これらをちゃんと覚えている人は、ほとんどいないのではないでしょうか?

しかし、これまた、日本語教育では、これらがわからなくても教えられます!

上の言葉は、日本語教育では、以下のような言葉を使います。

ナイ形 マス形 テ形 タ形 辞書形 バ形 命令形 意向形 等

「はっ?何これ?言葉は簡単になった感じだけど…。」

すぐ、わかります!
動詞「食べる」は、下のように活用します。

食べない⇒「ナイ形」 食べます⇒「マス形」 食べ⇒「テ形」 食べ⇒「タ形
食べる⇒「辞書形」 食べれ⇒「バ形」 食べろ⇒「命令形」 食べよう⇒「意向いこう
 
「辞書形」…辞書に載っている形。日本人はこれを基本の形として考える。
意向いこう形」…「食べよう」「書こう」等、英語で、よく「Let’s ~」で表すもの。

「ナイ形・マス形・テ形…」なんか、急に簡単になりましたね!

では、少し思い出してください。
第1章で、「丁寧体と普通体」について書きました。
そして、日本国内の多くのテキストでは、日本語学習者は「丁寧体」から勉強すると書きました。

具体的に言うと、日本語学習者は「食べる(辞書形)」ではなく、「食べます(マス形)」を先に勉強します。
「マス形」を基本の形として覚えて、他の形(辞書形・テ形など)に活用させます。
(※「辞書形」から教えるテキストもありますが、日本国内のテキストはほとんど「マス形」から教えます。)

では、質問です。ちょっと考えてみてください。

「(シャワーを)浴びます」と「書きます
この2つの動詞(マス形)を「ナイ形・テ形・タ形・辞書形・バ形・命令形」に活用させてください。

正解は、

「浴びます」→「浴びない」「浴びて」「浴びた」「浴びる」「浴びれば」「浴びろ」「浴びよう」
「書きます」→「書かない」「書いて」「書いた」「書く」「書けば」「書け」「書こう」

ちゃんと説明していないのに、だいたいできたのではないでしょうか?
これらが勉強せずにできるのは、あなたが日本人だからです。

これは、外国人(日本語母語話者以外)にはできません。
例えば「浴びますのナイ形」を「浴ない」や「書きますのナイ形」を「書ない」とか言ってしまいます。
(っていうか、ルールを知らなければ、それすらも言えません。)

「そんなやつ おれへんわ~」と思うかもしれませんが、事実です。

日本人は、何も考えなくても、これらを話すことができますが、
日本語学習者は、ちゃんとルールを覚えて、練習しないと、話せるようになりません。
(※会話していたら、自然に覚えるだろうというような甘いものでもありません。)

では、ここから動詞の活用のルールを書いていきます。

これをちゃんと教えられるかどうかが、日本語教師の基本中の基本となります。
活用のルールを教える上で、まず必要なのが、「動詞のグループ分け」です。

学校文法では、動詞は下の5つに分かれます。

①「五段動詞」
 例:「書く」→「書かない」「書きます」「書く」「書けば」「書こう」
②「上一段活用動詞」
 例:「浴びる」→「浴びない」「浴びます」「浴びる」「浴びれば」「浴びよう」
③「下一段活用動詞」
 例:「食べる」等→「食べない」「食べます」「食べる」「食べれば」「食べよう」
④「カ行変格活用活用」
 「来る」1つだけ。→「来ない」「来ます」「来る」「来れば」「来よう」
⑤「サ行変格活用動詞」
 「する」1つだけ。「しない」「します」「する」「すれば」「しよう」

②③をまとめて「一段動詞」、④⑤をまとめて「不規則動詞」とも言う。

少し思い出せたでしょうか? 今はわからなくてもオッケーです!

これらも、日本語教育では下のように簡単な言葉を使います!

学校文法①「五段動詞」⇒日本語教育「Ⅰグループの動詞」
学校文法②「上一段活用動詞」③「下一段活用動詞」⇒日本語教育「Ⅱグループの動詞」
学校文法④「カ行変格活用活用」⑤「サ行変格活用動詞」⇒日本語教育「Ⅲグループの動詞」

超簡単になりましたね!「Ⅰグループ」「Ⅱグループ」「Ⅲグループ」と言います。

では、1つずつ説明します。
学習者に教えるときは、「Ⅲ→Ⅱ→Ⅰ」の順で教えます。

Ⅲグループの動詞

学校文法④「カ行変格活用動詞」⑤「サ行変格活用動詞」をまとめて「不規則動詞」と言いますが、
これらを日本語教育では、「Ⅲグループの動詞」と言います。

④「カ行変格活用活用」「来る」1つだけ。他に「持ってくる」「連れてくる」など。
⑤「サ行変格活用動詞」「する」1つだけ。他に「勉強する」「掃除する」など。

つまり、Ⅲグループの動詞は「来る」と「する」だけです。この2つは不規則に活用するので、特別です。

学習者に教えるときは、「マス形(来ます・します)」を基本の形として、教えますので、

『Ⅲグループの動詞は「来ます」と「します」だけです。』と教えます。

Ⅲグループの動詞は、以下のように活用します。活用が不規則で、ルールがありません。

「来ます」…「こない」「きて」「きた」「くる」「くれば」「こい」「こよう」
「します」…「しない」「して」「した」「する」「すれば」「しろ」「しよう」

Ⅱグループの動詞

学校文法②「上一段活用動詞」③「下一段活用動詞」をまとめて、「一段動詞」と言いますが、
これらを日本語教育では「Ⅱグループの動詞」と言います。

② 上一段活用動詞…動詞の語幹の最後が「イ段」のもの。
  例:「浴ない 浴ます 浴る 浴れば 浴よう」「ない ます れば よう」
③ 下一段活用動詞…動詞の語幹が最後が「エ段」のもの。
  例:「食ない 食ます 食る 食れば 食よう」「ない ます れば よう」

学習者に教えるときは、下のようになります。

①「~ます」の前が「エ段」の動詞は、100%Ⅱグループ。例:食べます 開けます 閉めます 等
②「~ます」の前が「イ段」の動詞もある。例:浴びます 借ります 落ちます (車を) 降ります 等
「イ段」「エ段」に関わらず、「~ます」の前が1文字の動詞は、100%Ⅱグループ
  例:寝ます 見ます 着ます 等

Ⅱグループの動詞は、以下のように活用します。

「食べます」→「食べない・食べ・食べ・食べ・食べれば・食べ・食べよう
「浴びます」→「浴びない・浴び・浴び・浴び・浴びれば・浴び・浴びよう
「見ます」→「見ない・見・見・見・見れば・見・見よう

「食べ」「浴び」「見」の部分は変わらず、後ろの活用している部分も形が同じです。
学校文法の「上一段活用」と「下一段活用」を分ける必要がないので、「Ⅱグループ」としているわけです。

日本語教育の方が簡単ですね!

Ⅰグループの動詞

学校文法①「五段活用動詞」を、日本語教育では「Ⅰグループの動詞」と言います。

①「五段活用」…「あいうえお」で変化するもの
例:カ行五段活用「かきくけこ」で変化…「書ない・書ます・書・書ば・書う」
例:バ行五段活用「ばびぶべぼ」で変化…「遊ない・遊ます・遊・遊ば・遊う」
例:ワア行五段活用「わいうえお」で変化…「買ない・買ます・買・買ば・買う」

100%のルールではありませんが、下のように教えます。

「~ます」の前が「イ段」の動詞は、Ⅰグループのものが多い 例:書ます 遊ます 話ます 等
(※Ⅱグループのところで書いたように「浴びます」「借ります」等は、Ⅱグループです。)

以下のように活用します。五段動詞は変化が大きいので、学習者にとって、困難なものになります。

「書きます」→「書ない」「書いて」「書いた」「書」「書ば」「書」「書う」
「遊びます」→「遊ない」「遊んで」「遊んだ」「遊」「遊ば」「遊」「遊う」
「話します」→「話ない」「話して」「話した」「話」「話ば」「話」「話う」

※太字で書いた「書いて・遊んだ」等の「テ形」と「タ形」の活用のルールは、後で説明します。

以上のⅠ・Ⅱ・Ⅲグループのルールがわかれば、
学習者は、動詞(マス形)を見ただけで、何グループの動詞か、ある程度、見分けられるようになります。

まとめると、以下のようになります。

Ⅲグループは「来ます」と「します」。(「持ってきます」や「勉強します」なども含む。)
「~ます」の前が「エ段」なら、100%Ⅱグループ。 例:消えます あげます 等
「~ます」の前が1文字なら、100%Ⅱグループ。 例:見ます 寝ます います 等
「~ます」の前が「イ段」なら、Ⅰグループのものが多いが、Ⅱグループのものもある。
  例:Ⅰ 買います 飲みます 座ります 等 Ⅱ 浴びます 借ります (車を)降ります 等

ちょっと複雑になってきましたね。

でも、真面目に勉強している学習者は、この「グループ分け」ぐらいまでは、そんなに難しいとは感じません。難しいのは、これから書く「実際に使うこと」です!

では、具体的に「ナイ形・テ形・タ形・辞書形・バ形・命令形」等を、どうやって教えるかを書いていきます。

まず、これらは1つ1つ勉強すると思ってください。
つまり、「食べます」の活用を「食べない・食べて・食べた・食べる・食べれば・食べよう」と一気に覚えるのではなく、「今日からはナイ形」というふうに、しばらくは「ナイ形」ばかり勉強します。

では、「ナイ形」を例にして、どうやって教えるか書いていきます。(長くなるので「ナイ形」だけ)
(※下の例は教える方法をまとめているだけです。話せるようになるには、それぞれ口頭練習が必要です。)

◇ Ⅲグループ…2つだけなので、それぞれ単独で教える。
 「来ます」→「来ない」 「します」→「しない」 「勉強します」→「勉強しない」

Ⅱグループ…「~ます」が「~ない」になる。
  例:「食べます」→「食べない」 「浴びます」→「浴びない」

Ⅰグループ…「~ます」の前が「ア段」になり、「~ます」が「~ない」になる。
例:「買ます」→「買ない」、「書きます」→「書ない」、「話します」→「話ない」
  「遊びます」→「遊ない」、「死にます」→「死ない」

※「死にます」いわゆる「ナ行五段活用」の動詞は「死ぬ」1つだけです。

「ナイ形」が言えるようになれば、その「ナイ形」を文の中に入れ込んで、以下のような、いろいろな文が話せるようになります。

 動詞 ナイ形 ないでください。→ここで、写真を  撮らないでください
 動詞 ナイ形 なければなりません。→家へ  帰らなければなりません。 等

※①はナイ形「とらない」の「撮ら」 ②は「帰らない」の「帰ら」の部分を入れ込んでいる

このような考え方を応用するだけで、「ナイ形以外の活用形」も教えることができます!

ですが、「テ形」と「タ形」はちょっと厄介なので、説明しておきます。

Ⅰグループの動詞「書きます」の「テ形」は「書きて」ではなく、「書いて」になります。
音便と言われるものです。

「テ形」を例として、ルールをまとめると、下のようになります。「タ形」は「テ形」のルールと同じです。
(Ⅱ・Ⅲグループは、音便は関係ないので、省きます。)

Ⅰグループの動詞の「テ形」
◇ 「~ます」の前が「い・ち・り」の動詞は「~って」になる。
  例:「買ます」→「買って」 「立ます」→「立って」 「帰ます」→「帰って

◇ 「~ます」の前が「み・び・に」の動詞は「~んで」になる。
  例:「読ます」→「読んで」 「遊ます」→「遊んで」 「死ます」→「死で」

◇ 「~ます」の前が「」の動詞は「~いて」になる。
  例:「聞ます」→「聞いて」 「書ます」→「書

◇ 「~ます」の前が「」の動詞は「~いで」になる。
  例:「泳ます」→「泳いで」 「急ます」→「急いで

※ 学校文法の「サ行五段活用動詞」は音便化しない。「~ます」が「~て」になるだけ。
  例:「話します」→「話して」 「貸します」→「貸して」
※「行きます」は例外。
 「行きます」は上のルールで考えると、「行いて」になるが、例外で「行って」になる。

「ナイ形」と同様に「テ形」を文の中に入れ込むと、下のような文が話せるようになります。

 動詞 テ形 ください。→  漢字が  わかりませんから、ひらがなで  書いてください
 動詞 テ形 もいいです。→  ここで  たばこを  吸ってもいいですか。 等

嫌にならないでください 笑笑

学習者は、これらを全部覚えて、話せるようになるまで練習するので、もっと大変です!
「書きます」と覚えたら、「書いてください」と言えるわけではないのです…。

意識の低い学習者は、このあたりで、日本語の勉強をやめてしまう人もいます。
日本語って、結構難しいですね。

では、最後に日本人の「動詞のグループ分け」の方法を紹介します。(※学習者に教える方法ではありません)

◇「~ない」の形にして、「~ます」の前が「ア段」なら、Ⅰグループ。
  例:書く→「書ない」 帰る→「帰ない」 買う→「買ない」 等

◇「~ない」の形にして、「~ます」の前が「イ段かエ段」なら、Ⅱグループ。
  例:浴びる→「浴ない」 見る→「ます」 食べる→「食ます」 等

◇ Ⅲグループは「来る」と「する」だけ。
  他に「持ってくる」「連れてくる」「勉強する」「観光する」等

「動詞の活用」については、以上です。

動詞の活用は、上に書いた「ナイ形・テ形・タ形・辞書形・バ形・命令形」以外にもありますが、
上の手順で考えていくと、全て教えることができます。

では、最後にちょっと、「動詞以外の活用」について、書きます。

活用(動詞以外)

私は第2章で日本語を教えるには、「名詞・動詞・イ形容詞・ナ形容詞・助詞」の5つの品詞で教えられると書きました。ここでは、この5つの中の「動詞以外の活用」について、書きます。

◇「名詞」「助詞」…活用しません。

◇ ナ形容詞(学校文法の「形容動詞」)
「静かだ」「静かな」「静かに」等、正確に言うと「活用する」語なのですが、「静か」という単語自体は変化せず、「活用練習」は特に必要ありません。学習者には、変化するものと教えなくてもいいでしょう。

◇ イ形容詞(学校文法の「形容動詞」)

例:「寒い」→「寒い・寒くない・寒かった・寒くなかった」「寒かったら・寒ければ」等

上のように活用します。他のイ形容詞も同じ変化なので、1つできれば、他もできるということになります。

例:「忙しい」→「忙しい・忙しくない・忙しかった・忙しくなかった」「忙しかったら・忙しければ」等

動詞のように、活用形がいっぱいあるわけではないので、詳しくは書きません。
とりあえず、「イ形容詞も活用の練習が必要」ぐらいに思っておけばいいと思います!

まとめ

第3章までに比べて、急に難しくなったと感じたでしょうか?

日本語教師ではない方に、ここまで理解しないといけないとは、言えませんが、
この活用の知識があるだけで、教えられる内容は大幅に広がります。

日本人にとっては、ちゃんと整理できれば、難しくないと思います。
何か初級のテキストを持っている方は、見てみてください。
この記事の内容がわかった方は、テキストの大まかな流れがわかるはずです!

この記事の内容をまとめると、以下のようになります。

・日本語の動詞や形容詞(特に動詞)は活用する。活用ができなければ、学習者は何も話せない。
・動詞の活用の指導方法
 ①  動詞のグループ分け…Ⅰ・Ⅱ・Ⅲグループに分かれる。
 ②  指導する順…「Ⅲ→Ⅱ→Ⅰ」
 ③  それぞれ、ルールを説明するだけでなく、話せるようになるまで「活用練習」をする。

では、次は最終章「第5章 普通体について」です。よければ、続けてお読みください。

日本語教育の初級の流れが、一通り、ご理解いただけると思います!

第5章【普通体・普通形について】

ご質問、ご相談等、お気軽にコメントをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました