拍・音節・リズムについて(拍の等時性・強制リズム・音節リズム)

「拍・音節・リズムって何?」という方、参考にしてみてください。
「検定試験合格に必要な知識」という点から、まとめてみました。
この記事を最後まで読んでいただけたら、下記のことがご理解いただけます!

拍(モーラ)  ☆☆☆

拍とは、リズム上の単位のことです。モーラ(mora)とも言います。

「つくえ」という語を見てみると、「つ」「く」「え」の3文字がそれぞれほぼ同じ長さと感じられます。
この1つ1つが「拍」です。ですから、「つ/く/え」は3拍となります。
日本語では、この「拍」が基本的なリズム上の単位となっています。

検定試験では「拍数」がよく出題されます。
拍数の数え方をまとめると、下記のようになります。

  • 基本的に仮名1文字で1拍となる。  
    例:「つ/く/え」=3拍 「ア/メ/リ/カ」=4拍
  • 拗音やカタカナ語の小さい字「ャュョァィゥェォ」を伴うものは2文字で1拍となる。
    例:「きゃ/く」=3拍 「カ/フェ」=2拍 「ティ/ラ/ミ/ス」=4拍
  • 特殊音(撥音・促音・引く音)は単独で1拍となる。
    例:「で/ん/わ」=3拍 「あ/さ/っ/て」=4拍 「ギ/タ/ー」=3拍
      「きょ/う/し/つ」=4拍 「と/う/きょ/う」=4拍

以上のように、拍がほぼ同じ長さと感じられることから、「拍が等時性を持つ」と言います。

初級の学習者に手を叩きながら発音練習をするのは、拍の感覚を養うためですね。
俳句の「五・七・五」なども、この「拍」を数えたものです。
「拍数」がわかれば、後の「音節数」も、すぐに数えられます。

日本語は「拍が基本的なリズム上の単位となっている。」と書きました。これに間違いはないのですが、日本語は「音節リズムの中のモーラリズム」の言語に分類されます。これは少し複雑なので、後で説明します。この記事を読み進めていってください。
音節  ☆☆☆☆

音節とは、切れ目なくまとまって聞こえる音のまとまりのことです。
もうちょっと詳しく言うと、母音を中心とした音のまとまりのことです。

よくわからないと思いますので、ちょっと例を出します。
英単語を辞書を見てみると、音節が「・」で区切ってあります。

【peo・ple】=2音節
【in・tro・duc・tion】=4音節
【self】=区切りなし、1音節

英語話者には【in】【tro】【duc】【tion】というのが、それぞれ1つのまとまりとして、聞こえているようです。このひとまとまりが音節です。
また、1音節に母音が、少なくとも1つは入っていることがわかります。

「区切り方がさっぱりわかりません…」という方、ご安心ください。(私もわかりません…)

検定試験を受ける上では、日本語の音節の区切り方・数え方がわかれば大丈夫です!
日本語の音節数の数え方をまとめると下記のようになります。

 日本語の音節数
 拍数の数え方とほぼ同じだが、特殊音(撥音・促音・引く音)が前の拍と一緒になって2拍で1音節となる。

つまり、「にほんご」なら、撥音「ん」が前の拍「ほ」と一緒になり、「ほん」で1音節となります。

例:「でん/わ」=2音節   「あ/さっ/て」=3音節  「ギ/ター」=2音節
  「きょう/し/つ」=3音節 「とう/きょう」=2音節

日本語学習者にとって、特殊拍の感覚を養うのが難しいのは、音節を1つのまとまりとして聞いているからですね。

音節の説明として、英語を例に出しましたが、英語は「強勢リズム」の言語に分類されます。これも後で説明しますので、この記事を読み進めていってください。
拍数と音節数のまとめ  ☆☆☆☆

拍数と音節数の数え方をまとめます。一度、右側を隠してやってみてください。
拍数の問題はよく出題され、音節数の問題もときどき出題されます。

「ベトナム」    「ベ/ト/ナ/ム」=4拍 「ベ/ト/ナ/ム」=4音節 ※拍数と音節数が同じ
「でんしんばしら」 「で/ん/し/ん/ば/し/ら」=7拍 「でん/しん/ば/し/ら」=5音節
「きって」     「き/っ/て」=3拍 「きっ/て」=2音節
「ゴーカート」   「ゴ/ー/カ/ー/ト」=5拍 「ゴー/カー/ト」=3音節
「日本語教育」   「に/ほ/ん/ご/きょ/う/い/く」=8拍 「に/ほん/ご/きょう/い/く」=6音節

シラビーム方言  ☆☆

シラビーム方言とは、日本語の方言うち、拍(モーラ)の独立性が弱く、音節が語の長さを測る単位となる方言のことです。

難しそうに聞こえますが、拍と音節がわかっていれば、簡単です。
日本語は「拍が基本的なリズム上の単位となっている」と書きましたが、これは共通語での特徴であって、そうではなく、「音節を単位としている地域・方言がある」ということです。
東北北部や九州南部の方言で見られるようです。

つまり、東北北部や九州南部の方言では「が/っ/こ/う」=4拍ではなく、「がっ/こう」=2音節を基本的なリズムの単位としているということになります。

言語学者の柴田武さん(1918~2007)によって、「音節=シラブル(syllable)」と「音素=フォニム(phoneme)」から「シラビーム」と命名されました。

リズムとフット  ☆☆☆

日本語は「拍が基本的なリズム上の単位となっている」と書きました。
ですが、それとは別に、2拍を基本的なまとまりとする特徴をもっています。
そして、そのリズムのひとまとまりを「フット」といいます。

これだけではわかりにくいので、例を出します。下の例を読んでみてください。

例:火曜日 土曜日 2個 5個 月火水木金土日 123456

「かようび」「どようび」「にこ」「ごこ」ですね。
ですが、「ゲツ カー スイ モク キン ドー ニチ」「イチ ニー サン シー ゴー ロク」
と読んだのではないでしょうか。

日本語は2拍を1フットとする特徴をもっています。この特徴により、
「かようび」の「か」や「どようび」の「ど」などは、もともと1拍ですが、
「ゲツ カー スイ モク キン ドー ニチ」では、「カー」「ドー」と言っています。
これは、1拍の語を2拍に引き伸ばして1フットとし、フットを整えているのです。
2「ニー」4「シー」5「ゴー」も同じです。

下記のように、2拍を1フットとした語も多いです。

「パワーハラスメント」→「パワ・ハラ」
「報告・連絡・相談」→「ホウ・レン・ソウ」
「木村拓哉さん」→「キム・タク」

2拍1フットのリズムが、日本人には心地よく感じるんですね!

強勢リズムと音節リズム  ☆☆☆

音声言語には、リズムがあり、言語ごとに異なるリズムをもっています。
音声言語をリズムの観点から大別すると、「強勢リズム」と「音節リズム」に分類されます。

まず、日本語にも英語にも、音節があるように、
「全ての言語には音節という音のまとまりがある」ということを前提としてください。
音節があるから音節リズムの言語ではありません。

結論から言うと、英語は「強勢リズム」、日本語は「音節リズム」に分類されます。
まとめると、下記のようになります。

強勢リズム音節リズム
強勢アクセントから、次の強勢アクセントまでが
時間的にほぼ等間隔になるように刻まれるリズム
音節と音節とが、時間的にほぼ等間隔になるように
刻まれるリズム
英語・ドイツ語・ロシア語 等フランス語・スペイン語 等
日本語(音節リズムの中の拍リズム)

この2つは「どこからどこまでが等間隔で話されるか」で分類されます。

強勢リズム

強勢リズムとは、強勢アクセントから、次の強勢アクセントまでが時間的にほぼ等間隔になるように刻まれるリズムのことです。

英語は「強勢リズム」です。英語には強勢アクセントがあります。
people→発音記号【píːpl】のように、単語のどこを強く読むかをアポストロフィ「’」で表します。

また、英語には、単語レベルの強勢アクセントの他に、文の中での強勢アクセントがあります。
  
例: I am going to study Japanese in the library.

上記のように、IstudyJapanese・library のような※内容語に強勢アクセントがきて、「強く・長く・高く」発音されます。(※内容語=名詞・動詞・形容詞・副詞など、具体的な意味内容を表す語)
では、強勢アクセントから、次の強勢アクセントまでで、文を区切ってみましょう。

例: I am going to study Japanese in the library.
     A      B       C      D

英語では、A「I am going to」B「study」C「Japanese in the」D「library」がほぼ同じ長さで話されます。これが強勢リズムです。

「このA~Dを同じ長さで話すのは無理があるだろう…」と思いますよね。
英語話者は、A・C のような音節が多いものは、強勢アクセントのない音節を弱く短く言ったり、B・Dのような音節が少ないものは、引き延ばして長く言ったりして、リズムを整えているようです。

「英語の発音をよくするには、強弱が大事」と言われるのが、よくわかりますね!

音節リズム

音節リズムとは、音節と音節とが、時間的にほぼ等間隔になるように刻まれるリズムです。

つまり、各音節がほぼ同じ長さで話されるということです。

音節リズムの代表的な言語に、フランス語やスペイン語があります。
日本語も音節リズムに属しますが、日本語は特殊で、音節よりも小さい「拍」を基本的なリズム上の単位としているので、正確には「モーラリズム」と呼ばれています。

例:柿食えば 鐘がなるなり 法隆寺
  「か/き/く/え/ば/ か/ね/が/な/る/な/り/ ほ/う/りゅ/う/じ」

各拍がほぼ同じ長さで話されていますね。モーラリズムの言語ってけっこう特殊だそうです。
日本語は「音節リズムの中のモーラリズム」と、覚えておきましょう。

言語のリズムは「強勢リズム」か「音節リズム」に大別できるのですが、この2つに分類しにくく、どちらに属すとも言えない言語も多いそうです。ひとまず、上の表の
「強勢リズム」…英語・ドイツ語・ロシア語 等
「音節リズム」…日本語・フランス語・スペイン語 等
このぐらい覚えておけばいいでしょう!

また、強勢リズムは「強勢拍リズム」、音節リズムは「音節拍リズム」、モーラリズムは「モーラ拍リズム」、または「拍節リズム」とも呼ばれます。

まとめ

この記事の内容が理解できたら、覚えるのは下記の感じでいいと思います!

☆5 日本語のリズム上の単位は「拍」。※拍の等時性 ※拍数の数え方をマスター
☆4 ※日本語の拍数と音節数の数え方をマスター
☆2 シラビーム方言…拍ではなく、音節をリズムの単位としている方言(東北北部・九州南部)
☆3 日本語は2拍を1フットとするリズムをもっている。(ゲツカースイのカー等)
☆3 強勢リズム…英語・ドイツ語・ロシア語等。
   音節リズム…フランス語・スペイン語等。 ※日本語は音節リズムの中のモーラリズム

ご質問、ご相談等、お気軽にコメントをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました