形態素について(語基・語幹・接辞・自由形態素・拘束形態素・語彙的形態素・文法的形態素)

形態素について、日本語教育能力試験の合格という観点からまとめてみました。
「形態素って、ややこしくてわからない!」という方、参考にしてください。
この記事を最後まで読んでいただけたら、以下のことがご理解いただけます。

形態素  ☆☆☆☆★

形態素とは、意味を担う最小の単位で、それ以上分けることができないもののことです。{ }で示されます。

まずは「とにかく小さい単位」だと思ってください。

いきなりですが、難問です。下の例文を形態素で分けてみてください。


例文: 昨日食べたお菓子は とてもおいしかった

正解は  昨日/食べ/た/お/菓子/は/ /とても/おいし/かった/

「食べた」の「た」とか、「お菓子」の「お」とか、意味を担っていないでしょ?と思いますよね。

しかし、これらは「単独で使用して意味を担う」ことはできませんが、それぞれ意味を担っています。

「昨日・食べ・菓子・とても・おいし」…そのままの意味。
「食べた」の「た」…「食べ」という語基についた接辞。「過去」を表す。
「お菓子」の「お」…「菓子」についた接辞。「美化語」(敬語の中の1つ)
「は」…助詞。「主題」を表す。
「おいしかった」の「かった」…「おいし」という語基についた接辞。「過去」を表す。

※「昨日」・お菓子の「菓子」…「単独で使用して意味を持つ」←もちろん形態素。
※お菓子の「お」…「単独で意味を持たないが、菓子につくことで意味を担う」←これも形態素。

また、形態素は、意味を担う最小単位なので、それ以上分解すると、意味を担わなくなります。

例:「菓/子」←「か」だけ、「し」だけでは、意味を担わない。
  「綿飴」は形態素に分けると、「綿/飴」となる。「綿」と「飴」はこれ以上分けると意味を担わない。

簡単に「異形態」について、説明しておきます。
1つの形態素が、異なる現れ方をするものがあります。

例:雨降り(あめふり)雨音(あまおと)小雨(こさめ

同じ「雨」ですが、「あめ」「あま」「さめ」と読みます。
これは1つの形態素ですが、互いに「異形態」であると言います。

「あめ」のように単独で意味が分かるものを「自由形態」、「あま」「さめ」のように、他の形態素にくっついて現れるものを「拘束形態」と言います。

「文を形態素に分けなさい」とか「この文はいくつの形態素から成り立っているか?」というような問題は、あまり出題されませんので、ひとまず、だいたい分かればいいでしょう。(平成27年試験Ⅰ問題3のAの1問目に「いくつの形態素が付加されているか?」という上の例文より難しい超難問がありましたが…。)

この記事の後半で「自由形態素と拘束形態素」や「語彙的形態素と文法的形態素」について書きます。
それらを理解するために「接辞」「語幹」「語基」について、先に書くことにします。
読み進めると、「形態素」についても、深くご理解いただけます!


まず、ここから「接辞」→「語幹」→「語基」の順に書いていきます。

接辞  ☆☆☆☆★

まず、接辞について、簡単に説明します。
接辞についての詳しい説明は、この記事の後半に書きましたので、こちらをご覧ください。

接辞とは、それ自体では意味内容を持たないが、語基にくっついて文法的機能を担うものです。
(※下の例の赤い字で書いたもの以外が語基です。語基はあとで説明します)

例:菓子 意見 高 私たち 大人っぽい 真面目 食べ 食べ おいし おいしかった

赤い字で書いたものが「接辞」です。お菓子の「お」など前につくものを「接頭辞」、高さの「さ」など後ろにつくものは「接尾辞」と言います。

ひとまず、「接辞」の説明はここまでです。次は「語幹」を見てみましょう。

語幹  ☆☆☆★★

語幹とは、用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用しない部分のことです。

◇ 動詞の例
◆ 一段動詞(Ⅱグループ)
 食べる(taberu)食べない(tabenai)食べます(tabemasu) 食べた(tabeta)⇒語幹は「食べ(tabe)」

◆ 五段動詞(Ⅰグループ)
 飲む(nomu)飲まない(nomanai)飲みます(nomimasu)⇒語幹は「nom
 ※「飲んだ」は撥音便化(飲みた→飲んだ)するので、例として挙げません。

◆ カ行変格活用・サ行変格活用(Ⅲグループ)には語幹がありません。
 来る(kuru)来ない(konai)来ます(kimasu)来た(kita)
 する(suru)しない(shinai)します(shite)した(shita)
 ※それぞれ「k」「s」が語幹だという見方もありますが、「語幹なし」が一般的な見方です。 

◇ 形容詞(イ形容詞)の例 
 おいしい(oishii) おいしくない(oishikunai) おいしかった(oishikatta)⇒語幹は「おいし(oishi)」
 寒い(samui)寒くない(samukunai)寒かった(samukatta)⇒語幹は「さむ(samu)」 

◇ 形容動詞(ナ形容詞)の例 
 真面目だ(majimeda) 真面目じゃない(majimejyanai) 真面目な(majimena)
 ⇒語幹は「まじめ(majime)」

上のような、用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用しない部分を「語幹」といい、

語幹の後ろの活用している部分を「活用語尾といいます。

「活用語尾」は「接辞」の一つです。
よって、食べるの「る」おいしかったの「かった」は、活用語尾なので、「接辞」です。

では、続いて「語基」を見てみましょう。

語基  ☆☆★★★

語基とは、語を構成する要素(形態素)のうち、意味的な中核となるものです。

そして、接辞がつく対象となるものです。

強引にまとめると「語基=(接辞がつく対象になる)名詞+用言の語幹」です。

◇ 名詞はそのまま語基。
  菓子 話 薬 意見 私 春 男 大人 等
 
  ※これらは語基なので、それぞれ接辞がつく対象になります。
  お菓子 お話 お薬 ご意見 私たち 春めく 男らしい 大人っぽい

◇ 用言(動詞・形容詞・形容動詞)は語幹が語基。
  ◆ 動詞…食べる・食べないの「食べ(tabe)」 飲む・飲まないの「nom」
  ◆ 形容詞…おいしい・おいしくないの「おいし(oishi)」
  ◆形容動詞…真面目だ・真面目じゃないの「まじめ(majime)」

  ※これらも接辞がつく対象になります。
  食べる 食べない 飲む(nomu)飲まない(nomanai) おいしい おいしくない 真面目さ

強引にまとめましたが、どうでしょうか?
逆に言うと、語基は「接辞がついている語(派生語など)から接辞を取り除いたもの」とも言えます。

「語基と語幹って同じ?」と、よくわからなくなりますが、細かいことは置いておいて、
「語基=(接辞がつく対象になる)名詞+用言の語幹」という理解でいいと思います!

自由形態素と拘束形態素  ☆☆★★★
自由形態素 

自由形態素とは、単独で語となることができる形態素のことです。
独立形態素ともいいますが、自由形態素のほうがよく使われます。

例:昨日 菓子 山 机 電話 カメラ とても ゆっくり 

※「綿飴」は形態素で分けると「綿/飴」となります。「綿飴」が自由形態素ではなく、「綿」と「飴」
 という2つの自由形態素で成り立っている語と言えます。

ここで、「食べる」や「おいしい」などが自由形態素なのか?ということになります。

結論から言うと、自由形態素ではありません。
形態素に分けると、「食べ/る」「おいし/い」となるからです。

「食べ」「おいし」などの用言の語幹は、自由形態素っぽいですが、「食べ」は、意味内容を表す形態素ですが、「単独で語となる形態素」ではありません。
「おいし」も同様に「単独で語となる形態素」ではありません。

「食べ」「る」「おいし」「い」は、全部、下に書く「拘束形態素」です。

拘束形態素

拘束形態素とは、単独で語となることができない形態素のことです。
束縛形態素ともいいますが、拘束形態素のほうがよく使われます。

例:お茶の「お」 高さの「さ」等の接辞 「は」「で」「に」等の助詞。「ね」「よ」等の終助詞。

また、「食べ/る」の「食べ」「る」、「おいし/い」の「おいし」「い」も、それぞれ、単独で語となることができないので、全部、拘束形態素です。

語彙的形態素(内容形態素)と文法的形態素(機能形態素)  ☆☆★★★
語彙的形態素/内容形態素

語彙的形態素とは、語彙的な意味内容を持つ形態素のことです。
「内容形態素」とも言い、これはどちらもよく使われるので、どちらも覚えたほうがいいでしょう。

語彙的形態素は、上に書いた自由形態素に似ています。

いろいろややこしいことは抜きにして、簡潔に下のように理解していいでしょう!

「語彙的形態素(内容形態素)=自由形態素+用言の語幹」

例:自由形態素…昨日 菓子 山 机 電話 カメラ とても ゆっくり 等

  用言の語幹…「食べ/る」の「食べ」、「おいし/い」の「おいし」 等

「食べ/る」の「食べ」、「おいし/い」の「おいし」等の用言の語幹も、語彙的形態素です。
これらは、単語で語となることはできませんが、「語彙的な意味内容を持っている」からです。

文法的形態素/機能形態素

文法的形態素とは、自体で語彙的な意味内容を持たないが、文法的な意味をもつ形態素のことです。
「機能形態素」とも言い、これはどちらもよく使われるので、どちらも覚えたほうがいいでしょう。

文法的形態素は、上に書いた拘束形態素に似ています。
これまた、ややこしいことは抜きにして、簡潔に下のように理解していいでしょう!

「文法的形態素(機能形態素)=拘束形態素-用言の語幹」

例:お茶の「お」 高さの「さ」等の接辞 「は」「で」「に」等の助詞。「ね」「よ」等の終助詞。
  食べるの「る」 おいしいの「い」←これらも接辞
  
  ×食べるの「食べ」×おいしいの「おいし」⇐ 語彙的形態素

「食べ/る」の「食べ」、「おいし/い」の「おいし」等の用言の語幹は、語彙的な意味内容を持つので、文法的形態素ではなく、語彙的形態素です。

「自由形態素と拘束形態素」「語彙的形態素と文法的形態素」のまとめ ☆☆☆★★

自由形態素と語彙的形態素(内容形態素)は似ていて、拘束形態素と文法的形態素(機能形態素)は似ています。
まとめると、下のようになります。

◇ 山・いつも 等…自由形態素で語彙的形態素
◇ 接辞:お茶の「お」食べるの「る」 助詞・終助詞 等…拘束形態素で文法的形態素
◇ 用言の語幹:食べるの「食べ」おいしいの「おいし」等…拘束形態素・語彙的形態素

※要するに「用言の語幹…拘束形態素・語彙的形態素」だけ、注意です!

接辞  ☆☆☆☆★

接辞とは、それ自体では意味内容を持たないが、語基にくっついて文法的機能を担うものです。
(※下の例の赤い字で書いたもの以外が語基です。語基についてはこの記事の少し上に説明があります。)

例:菓子 意見 完成 高 私たち 男らしい 大人っぽい 真面目 

  食べるの「」 食べたの「」 おいしいの「」 おいしかったの「かった

お菓子の「」高さの「」など、赤い字で書いたものが「接辞」です。

食べるの「」おいしいの「」等、用言(動詞・形容詞・形容動詞)の「活用語尾」も接辞です。

お菓子の「お」など前につくものを「接頭辞」、高さの「さ」など後ろにつくものを「接尾辞」と言います。

また、接辞は「派生接辞」と「屈折接辞」に分けられます。
結論から言うと、下のようになります。

「派生接辞」…お菓子・ご意見・高さ・私たち・男らしい・大人っぽい・真面目さ
「屈折接辞」…食べるの「る」 食べたの「た」 おいしいの「い」 おいしかったの「かった」

派生接辞 ☆☆★★★

派生接辞とは、品詞を変えるなど、もともとある語から別の語を作り出す働きがある接辞のことです。

例:お菓子・ご意見・高さ・私たち・男らしい・大人っぽい・真面目さ

例えば、「大人っぽい」は「大人」という名詞に、派生接辞「っぽい」がついて、形容詞(イ形容詞)となり、「大人のような感じ」という意味の言葉になっています。

そして、派生接辞がついてできた語を「派生語」といいます。上の例は全部、「派生語」です。

接頭辞がついた派生語は、基本的に品詞は変わりませんが、中には、変わるものもあります。

変わる場合は、ほとんど形容動詞にかわります。

例:茶(名詞)→お茶(名詞) 意見(名詞)→ご意見(名詞)関係(名詞)→無関係な(形容動詞)

接尾辞がついた派生語は、その接尾辞の性質によって品詞がきまります。

名詞を作る   高さ 楽しみ 耐熱性 山田さん 等
動詞を作る   春めく ほしがる メモる 大人ぶる 等
形容詞を作る  大人っぽい 男らしい 四角い 等
形容動詞を作る 効率的 悲しげ おいしそう 等

屈折接辞 ☆☆★★★

屈折接辞とは、テンス(時制)などの文法的機能を表す働きがある接辞のことです。
つまり、用言(動詞・形容詞・形容動詞)の活用語尾の「る」や「た」等のことです。

例:食べるの「」 食べないの「ない」 食べたの「」 食べようの「よう

  おいしいの「」 おいしかったの「かった」 等

屈折接辞は、1つの語を異なる複数の形にするものなので、別の語を作るものではありません。
基本的に品詞も変わりません。

「屈折」という言葉は、検定試験の勉強をする中で、ときどき出てくる言葉です。(「膠着語」「屈折語」「孤立語」「抱合語」の「屈折語」など。日本語は「膠着語」に分類される。)
「屈折」ときたら、まず「変化する」と思い浮かべると、理解しやすいと思います!
まとめ

「形態素」「語基」「接辞」などは、テキストを読んでもややこしくて、勉強する気をなくしてしまいますね。
ですが、ざっくりとわかってしまえば、そんなに難しく感じなくなります。
この記事で、「以前よりも理解できた!」と思っていただければ、うれしく思います。


この記事の内容が理解できれば、覚えるのは下のような感じでいいと思います!

・形態素  ※形態素のたいだいの分け方 ・異形態 雨(あめ・あま・さめ)
・語幹…用言の活用しない部分 ・活用する部分は活用語尾 ・活用語尾は接辞の1つ
・語基…名詞+用言の語幹
・「自由形態素と拘束形態素」「語彙的形態素(内容形態素)と文法的形態素(機能形態素)」
  ◇ 山・いつも 等…自由形態素で語彙的形態素
  ◇ 接辞:お茶の「お」食べるの「る」 助詞・終助詞 等…拘束形態素で文法的形態素
  ◇ 用言の語幹:食べるの「食べ」おいしいの「おいし」等…拘束形態素・語彙的形態素
  ※ 用言の語幹→拘束形態素・語彙的形態素に注意!
・接辞→・接頭辞・接尾辞 ・派生接辞 お菓子の「お」等 ・屈折接辞 食べるの「る」等

ご質問、ご相談等、お気軽にコメントをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました