国際音声記号(IPA)【第3章 マ行・ヤ行・ラ行・ワ行・半母音】

国際音声記号(IPA)について、日本語教育能力試験の合格という観点からまとめてみました。
「音声記号…。嫌だ~。ややこしいから、後回し!」と思っている方、参考にしてみてください。

国際音声記号(IPA)についての、全体的な流れは以下のようになります。
この記事は【第3章 マ行・ヤ行・ラ行・ワ行・半母音】です。

1・2章をご覧になっていない方は、ぜひ、第1章からご覧ください。

この記事は【第3章 マ行・ヤ行・ラ行・ワ行・半母音】です。

最後まで読んでいただいたら、以下のことがご理解いただけます。

まず、1章で書いた「音声記号を勉強する上でのコツ」を書きます。

◇ まず、日本語で使用する音声だけを勉強する。
◇ 日本語で使用する音を「ア行」→「カ行」→「サ行」の順に整理していく。
◇ 例えば「カ行」を勉強するときに「ガ行」「キャ行」「ギャ行」を一緒に理解する。
◇ 各行で出題されやすい周辺知識を知る。
◇ 余裕があれば、日本語にない音声の音声記号も少し覚える。[f][v][l][r]など。

この第3章もこの流れで書いていきます。
では、マ行からスタートです!

マ行

マ行は/マ ミ ム メ モ/。子音の音声記号は[m]です。

マ[ma]ミ[mʲi]ム[mɯ]メ[me]モ[mo]

ミ[mʲi] また[ʲ]が出てきました!
第1章のカ行で書いたキ[kʲi]と同じですね。⇐あとで説明します。

では、少し第1章を思い出しましょう!

母音…肺から出る呼気を妨げずに発する音声
子音…肺から出る呼気を妨げて発する音声

子音は「①声帯振動の有無」「②調音点」「③調音法」の3つで分類される。
「声帯振動の有無」…声帯が振動するかしないか。【有声音・無声音】

「調音点」…どこで呼気を妨げているか。妨げる場所。
 日本語を調音する際の「調音点」主に下の7つ。※全部「音」を省きます。例:両唇

 「両唇りょうしん歯茎しけい歯茎硬口蓋しけいこうこうがい硬口蓋こうこうがい軟口蓋なんこうがい声門せいもん口蓋垂こうがいすい

「調音法」…呼気を妨げる方法。どのように妨げるか。
  日本語を調音する際の「調音法」は、主に下の6つ。

 「破裂音はれつおん閉鎖音へいさおんともいう)・摩擦音まさつおん破擦音はさつおん鼻音びおん接近音せっきんおんはじおん

では、まず、マ行 /マ ムメモ/ の子音は[m]です。

[m]…「有声 両唇 鼻音」

① 声帯振動の有無…【有声音・無声音】
カサタパハ行(キャ行やシャ行なども)の子音は無声音。つまり、濁点「゛」がつけられるものが「無声音」で、それ以外の子音は全部「有声音」です。(※母音も有声音)「マ」は濁点「゛」がつけられません。
よって、マ行の子音[m]は「有声音」です。

「カサタパハ行(キャ行やシャ行なども)の子音は無声音」これは早めに覚えることをお勧めします。
「母音の無声化」等、いろいろなところで出てくる言葉です。

② 調音点
両唇りょうしん歯茎しけい歯茎硬口蓋しけいこうこうがい硬口蓋こうこうがい軟口蓋なんこうがい声門せいもん口蓋垂こうがいすい」のうちの「両唇」です。

パ行の子音[p]と同じです。
上の口腔断面図の ように、両唇(上唇と下唇)をくっつけて、肺から出る呼気を妨げています。

③ 調音法
破裂音はれつおん閉鎖音へいさおんともいう)・摩擦音まさつおん破擦音はさつおん鼻音びおん接近音せっきんおんはじおん」のうちの「鼻音」です。

鼻音とは、口腔内の呼気の通り道を塞いで、鼻(鼻腔)に呼気を通して出す音声です。
上の口腔断面図の ⇦ の部分で、鼻腔への道が開いています。ここに呼気を通して発します。

「鼻音」は、子音では、ナ行の[n]とマ行の[m]だけなので、ささっと覚えてもいいですね!
私は「ナマ鼻音」と覚えています!(※撥音/ン/も鼻音です)


では、/ミ/[mʲi]について、説明します。

[ʲ]について、詳しくは ☞ 第1章の「カ行」 のところをご覧ください。
ざっくり言うと、[ʲ]は硬口蓋化を表しますが、ちょっとだけ硬口蓋に寄るだけで、調音点は変わらないというものです。

/ミ/[mʲi]の場合は、舌が硬口蓋に向かって少しだけ盛り上がりますが、調音点は変わらずに「両唇」です。

/ミ/[mʲi]…「有声 両唇 鼻音」 ※[m]と同じ。[ʲ]が入るだけで調音点は変わらない。

これで、マ行はオッケーです。

ですが、ここで終わったらもったいないです。
私は /ミ/[mʲi]を覚えたときに、同時に「ミャ行」も一緒に覚えることをお勧めしています!
そうすることによって、試験Ⅱの問題3(4)~(8)等のいろいろな問題に対応できます!

/ミ/[mʲi]は音声記号では、「ミャ行」のグループに入ります。

ミャ[mʲa]ミ[mʲi]ミュ[mʲɯ]   ミョ[mʲo] ※エ段は無視


マ行をまとめると、下のようになります。

マ行 「有声 両唇  鼻音」 /マ    ム メ モ / [ma]    [mɯ] [me] [mo]
ミャ行「有声 ※両唇 鼻音」 /ミャ ミ ミュ  ミョ/  [mʲa] [mʲi] [mʲɯ]   [mʲo]
※硬口蓋化の[ʲ]が入るだけで、調音点は変わらない。


ヤ行

ヤ行は/ヤ ユ ヨ/です。子音の音声記号は[j]です。

ヤ[ja]ユ[jɯ]ヨ[jo]

ヤ行と言えば、[y]だと思ってしまいますが、国際音声記号では[j]ですので、ご注意ください!
「Japan」も「ジャ」も、外国人は、「ヤ」と読む人が多いそうです。

ちなみに、音声記号は[y]は、子音ではなく母音です。
日本語の母音 /イ/[i]が円唇になったものです。

[i] 「非円唇 前舌 狭母音(高母音)」
[y]「円唇    前舌 狭母音(高母音)」

ヤ行の子音[j]に戻ります。

[j]…「有声 硬口蓋 接近音(半母音)」

① 声帯振動の有無…【有声音・無声音】
カサタパハ行(キャ行やシャ行なども)の子音は無声音で、それ以外は有声音です。(※母音も有声音)
よって、ヤ行の子音[j]は「有声音」です。

② 調音点
両唇りょうしん歯茎しけい歯茎硬口蓋しけいこうこうがい硬口蓋こうこうがい軟口蓋なんこうがい声門せいもん口蓋垂こうがいすい」のうちの「硬口蓋」です。

上の口腔断面図のように、舌の真ん中あたりが硬口蓋に向かって盛り上がっています。

③「調音法」
破裂音はれつおん閉鎖音へいさおんともいう)・摩擦音まさつおん破擦音はさつおん鼻音びおん接近音せっきんおんはじおん」のうちの「接近音」です。

接近音とは、口腔内で舌を少し盛り上げて、やや狭めの隙間を作り、そこに呼気を通して出す音です。
摩擦音と少し似ています。摩擦音は狭めの隙間に呼気を摩擦させて出す音のですが、接近音は摩擦音ほど隙間を狭めず、摩擦させずに出す音です。
一度、サ行の子音[s]と比べて、「サ」「ヤ」「サ」「ヤ」といってみてください。
[j]は[s]のような摩擦が起きていないはずです。

この接近音は、今はわかりますが、1週間後には、忘れてしまうでしょう。

「ヤ」と言ってみても、調音法がすぐに出てきません。

接近音はヤ行の子音[j]とワ行の子音[ɰ][w]だけなので、ささっと覚えたほうがいいと思います!
私は「ヤワ接近」と覚えています。

「接近音」は「半母音」とも言われます。

母音は「肺から出る呼気を妨げないで出す音」でしたね。
接近音は、呼気をあまり妨げずに発するので、母音に近いということから「半母音」とも言われます。
(※[j]はあくまでも子音です。母音ではありませんので、混同しないでください。)

半母音については、この記事の後半に詳しく書きましたので、読み進めていってください!

ヤ行をまとめると、下のようになります。あまり、必要ありませんが、/イ/と/イェ/も書いておきます。

ヤ行 「有声 硬口蓋 接近音(半母音)」 /ヤ イ ユ イェ ヨ/[ja] [i] [jɯ] [je] ][jo]

ラ行

ラ行は/ラ リ ル レ ロ/。子音の音声記号は[ɾ]です。
[r]ではなく[ɾ]です。ご注意ください。

ラ[ɾa]リ[ɾʲi]ル[ɾɯ]レ[ɾe]ロ[ɾo]

注意するのは、リ[ɾʲi]だけですね。⇐あとで説明します。

[ɾ]…「有声 歯茎 弾き音」

① 声帯振動の有無…【有声音・無声音】
カサタパハ行(キャ行やシャ行なども)の子音は無声音。それ以外は「有声音」です。(※母音も有声音)
よって、ラ行の子音[ɾ]は「有声音」です。

②「調音点」
両唇りょうしん歯茎しけい歯茎硬口蓋しけいこうこうがい硬口蓋こうこうがい軟口蓋なんこうがい声門せいもん口蓋垂こうがいすい」のうちの「歯茎」です。

サ・タ・ナ行の子音[s][t][n]と同じです。
[ɾ]は、舌先で歯茎一度弾くことによって、呼気を妨げます。
(私は何度「ラ」と言ってても、調音点は歯茎ではなく、歯茎硬口蓋あたりではないかと思うのですが…。)

③「調音法」
破裂音はれつおん閉鎖音へいさおんともいう)・摩擦音まさつおん破擦音はさつおん鼻音びおん接近音せっきんおんはじおん」のうちの「弾き音」です。

弾き音とは、舌先で軽く1回弾くことで出す音のことです。[ɾ]なら、調音点の「歯茎」で弾きます。
弾き音は、日本語の調音の中ではラ行だけなので、ささっと覚えてしまいましょう!

上の口腔断面図をご覧ください。舌先が尖って細く書かれています。
日本語の調音の中では、このように書かれるのは[ɾ]だけですので、すぐわかります。
※[ɾ]は舌先で弾くときに上につくので、口腔断面図は舌が上につきます。


では、リ[ɾʲi]について、説明します。

[ʲ]は硬口蓋化を表しますが、ちょっとだけ硬口蓋に寄るだけで、調音点は変わらないというものです。
リ[ɾʲi]の場合は、舌先が硬口蓋に向かって多少寄りますが、調音点は変わらずに「歯茎」です。

リ[ɾʲi]…「有声 歯茎 弾き音」 ※[ɾ]と同じ。[ʲ]が入るだけで、調音点は変わらない。

リ[ɾʲi]は音声記号では、「リャ行」のグループに入ります。「リャ行」で一緒に覚えましょう!

リャ[ɾʲa]リ[ɾʲi]リュ[ɾʲɯ]   リョ[ɾʲo] ※エ段は無視


ラ行をまとめると、下のようになります。

ラ行 「有声 歯茎  弾き音」 /ラ    ル レ ロ / [ɾa]    [ɾɯ] [ɾe] [ɾo]
リャ行「有声 歯茎 弾き音」 /リャ リ リュ  リョ/  [ɾʲa] [ɾʲi] [ɾʲɯ]   [ɾʲo]
硬口蓋化の[ʲ]が入るだけで、調音点は変わらない。

ワ行

ワ行は/ワ/です。(※/ヲ/の音声は、母音/オ/[o]と同じです。)

/ワ/…[ɰa]  or [wa] 

子音の音声記号は[ɰ]or[w] です。
[ɰ]は母音 /ウ/ の音声記号[ɯ]に似ているので、気をつけてください。

日本人がよく使うのは、[ɰ]だそうですが、難しく考えず、単純に「2種類ある。どちらも使う。」と思ってください!

[ɰ]…「有声 軟口蓋           接近音」
[w]…「有声 両唇軟口蓋(二重調音子音) 接近音」

調音点が違うだけなので、一緒に書いていきます。

① 声帯振動の有無…【有声音・無声音】
カサタパハ行(キャ行やシャ行なども)の子音は無声音で、それ以外は有声音です。(※母音も有声音)
よって、ワ行の子音[ɰ][w]はどちらも「有声音」です。

②「調音点」
両唇りょうしん歯茎しけい歯茎硬口蓋しけいこうこうがい硬口蓋こうこうがい軟口蓋なんこうがい声門せいもん口蓋垂こうがいすい」のうちの、
[ɰ]は「軟口蓋」。[w]は「両唇硬口蓋」(二重調音子音)です。

◇[ɰ]…上の口腔断面図をご覧ください。今まで通りの考え方でオッケーです。
     舌の奥のほうが、軟口蓋に向かって少し盛り上がります。
   
◇[w]…特別です。両唇と軟口蓋の2か所で呼気を妨げます。調音点は「両唇硬口蓋」となります。

お笑い芸人の「ますだおかだ」の岡田さんのように「(ゥ)ワォ」と言ってみてください。
唇が丸めて出すそんな感じの「ワ」です。
※口腔断面図はありませんが、上の[ɰ]の口腔断面図の両唇が少し突き出て、両唇がくっつかない程度に間が狭くなるものだと思ってください。

この[w]は調音点が「両唇と硬口蓋」の2つあることから、「二重調音子音」または「二重調音」とも言います。二重調音子音は日本語の音声の中ではこの[w]だけですので、覚えてしまいましょう!
(検定試験 平成30年度の試験Ⅰ 問題1(1)で【二重調音】という問題で出題されました。)

③ 調音法
破裂音はれつおん閉鎖音へいさおんともいう)・摩擦音まさつおん破擦音はさつおん鼻音びおん接近音せっきんおんはじおん」のうちの「接近音」です。

ヤ行の子音[j]と同じです。[ɰ][w]どちらも「接近音」です。
[ɰ][w]それぞれの調音点で、摩擦しないほどの隙間を作り、そこに呼気を通す音です。
※接近音なので、ヤ行の子音[j]と同様に「半母音」とも言われます。)


ワ行をまとめると、下のようになります。/ウィ・ウェ・ウォ/も一緒に書いておきます。

ワ行[ɰ]「有声 軟口蓋    接近音」/ワ ウィ  ウェ ウォ/ [ɰa] [ɰi]  [ɰe] [ɰo]
ワ行[w]「有声 ※両唇軟口蓋 接近音」/ワ ウィ  ウェ ウォ/ [wa] [wi]   [we] [wo]
※「二重調音子音」「二重調音」

半母音

ヤ行「ヤ  ユ(イェ)ヨ」と、ワ行「ワ(ウィ)  (ウェ)(ウォ)」は「半母音」とも言われます。

母音と子音の違いは「肺から出る呼気を妨げるか妨げないか」で、母音は「肺から出る呼気を妨げずに出す音」でしたね。

ヤ行の子音[j]とワ行の子音[ɰ][w]は、調音法が「接近音」です。
接近音は口腔内で舌を少し盛り上げて、やや狭めの隙間を作り、そこで呼気を通して出す音です。
摩擦音ほど調音点の隙間を狭めて、強く呼気を妨げるわけではないので、「接近音」と呼ばれます。

よって、接近音で発する音声(ヤ行ワ行)は、呼気を妨げずに出す母音に近い音です。
半分母音みたいなものなので「半母音」と言われます。
(※[j][ɰ][w]はあくまでも子音です。母音ではありませんので、混同しないでください。)

もちろん、音も母音に近いです。例を見てみましょう。

例:「おみあげ」⇔「おみやげ」「キオスク」⇔「キヨスク」「ぐあい」⇔「ぐわい」「あたし」⇔「わたし」

中には、ちゃんと書けと言われたら、どっちで書いたらいいか迷ってしまうものもありますね。
(「あみあげ・キヨスク」は、まあいろいろあるんですが…。正しくは「おみやげ・キヨスク・ぐあい・わたし」だそうです。)


では、ヤ行の音声について、書きます。

ヤ行…「イ[i]+母音」
「イ+ア」⇒ヤ 「イ+ウ」⇒ユ 「イ+エ」⇒イェ 「イ+オ」⇒ヨ

一瞬だけ「イ」と言ったあとに、母音「ア」が続いて、「ヤ」という音になります。
うまく書けませんが、「イア」の間を縮めていくと、「イア」→「ィア」→「ヤ」になります。
ヤ行にイ段がないのは、「イ+イ」なんて、できないからですね。


ワ行も同じ考え方です。

ワ行…「ウ+母音」
「ウ+ア」⇒ワ 「ウ+イ」⇒ウィ 「ウ+エ」⇒ウェ 「ウ+オ」⇒ウォ

ここより下は、ちょっとややこしいので、飛ばしてもらってもいいです!

上に書いたように「ウ+ア」⇒「ワ」なのですが、「ウ」の種類によって、[ɰ]と[w]に分類されます。

まず、母音 /ウ/ の音声記号[ɯ]と[u]を思い出しましょう。

[ɯ]…「非円唇 後舌 狭母音」
[u] …「円唇  後舌 狭母音」
※日本語の共通語では「非円唇」の[ɯ]で話されるが、関西人の中には「円唇」の[u]で話す人がいる。

日本語の共通語の唇を丸めないのが[ɯ]、丸めるのが[u]でしたね。


[ɰ]と[w]は下のようになります。

[ɰ]…「非円唇のウ[ɯ]+母音」
「ɯ +ア」⇒ワ [ɰa] 「ɯ +イ」⇒ウィ [ɰi] 「ɯ +エ」⇒ウェ [ɰu] 「ɯ +オ」⇒ウォ [ɰo]

[w]…「円唇のウ[u]+母音」
「u +ア」⇒ワ[wa] 「u +イ」⇒ウィ[wi] 「u +エ」⇒ウェ[wu] 「u +オ」⇒ウォ[wo]

簡単に、唇を丸めない「ワ」が[ɰa]、丸める「ワ」が[wa]ぐらいでいいでしょう。

日本人は、[ɰ]で話すことがおおいそうですが、[ɰ][w]どちらも使うぐらいでいいと思います!
ちなみに英語話者は[w]のほうをよく使うそうです。


半母音をまとめると、下のようになります。

ヤ行…「イ[i]+母音」
「イ+ア」⇒ヤ 「イ+ウ」⇒ユ 「イ+エ」⇒イェ 「イ+オ」⇒ヨ

ワ行…「ウ+母音」
[ɰ]…「非円唇のウ[ɯ]+母音」
「ɯ +ア」⇒ワ [ɰa] 「ɯ +イ」⇒ウィ [ɰi] 「ɯ +エ」⇒ウェ [ɰu] 「ɯ +オ」⇒ウォ [ɰo]

[w]…「非円唇のウ[u]+母音」
「u +ア」⇒ワ[wa] 「u +イ」⇒ウィ[wi] 「u +エ」⇒ウェ[wu] 「u +オ」⇒ウォ[wo]

最後に1つだけ

 

上に書いたように、半母音は「ィウ」→「ユ」、「ゥア」→「ワ」のように、接近音の子音が持続せず、一瞬で母音に移行します。
持続する部分がなく、常に動く音であることから、「わたり音」とも呼ばれます。

簡単に「半母音=わかり音」でオッケーです!


まとめ

第3章では、「マ行・ヤ行・ラ行・ワ行・半母音」について、書きました。
この記事の内容をまとめると下のようになります。

一応、全部書きますが、全部覚えようと思うと大変なので、マ行[m]ヤ行[j]ラ行[ɾ]ワ行[ɰ]or[w]をおさえて、あとは「[ʲ]が入るだけ」とか「二重子音調音」というふうに、ポイントをおさえましょう!

マ行 「有声 両唇  鼻音」 /マ    ム メ モ / [ma]    [mɯ] [me] [mo]
ミャ行「[ʲ]が入るだけ」  /ミャ ミ ミュ  ミョ/   [mʲa] [mʲi] [mʲɯ]   [mʲo]

 

ヤ行 「有声  硬口蓋  接近音(半母音)」 /ヤ イ ユ イェ ヨ/[ja] [i] [jɯ] [je] ][jo]

ラ行 「有声 歯茎  弾き音」 /ラ    ル レ ロ / [ɾa]    [ɾɯ] [ɾe] [ɾo]
リャ行「[ʲ]が入るだけ」     /リャ リ リュ  リョ/   [ɾʲa] [ɾʲi] [ɾʲɯ]   [ɾʲo]
硬口蓋化の[ʲ]が入るだけで、調音点は変わらない。

ワ行[ɰ]「有声 軟口蓋    接近音」/ワ ウィ  ウェ ウォ/ [ɰa] [ɰi]  [ɰe] [ɰo]
ワ行[w]「有声 ※両唇軟口蓋 接近音」/ワ ウィ  ウェ ウォ/ [wa] [wi]   [we] [wo]
※「二重調音子音」「二重調音」

半母音
ヤ行…「イ[i]+母音」
「イ+ア」⇒ヤ 「イ+ウ」⇒ユ 「イ+エ」⇒イェ 「イ+オ」⇒ヨ

ワ行…「ウ+母音」
[ɰ]…「非円唇のウ[ɯ]+母音」
「ɯ +ア」⇒ワ[ɰa]「ɯ +イ」⇒ウィ[ɰi]「ɯ +エ」⇒ウェ[ɰu]「ɯ +オ」⇒ウォ[ɰo]
[w]…「非円唇のウ[u]+母音」
「u +ア」⇒ワ[wa]「u +イ」⇒ウィ[wi]「u +エ」⇒ウェ[wu]「u +オ」⇒ウォ[wo]

長い文を読んでいただき、ありがとうございます。
大変だとは思いますが、この第3章までで、マラソンの35~40kmぐらいまで来ています。

第4章「特殊音(撥音・促音・引く音)・日本語にない音声」でラストスパートです。
よかったら、第4章も続けてお読みください!


☞ 国際音声記号(IPA)【第4章 特殊音(撥音・促音・引く音)・日本語にない音声について】





ご質問、ご相談等、お気軽にコメントをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました