国際音声記号(IPA)【第2章 サ行・タ行・ナ行・ハ行】

国際音声記号(IPA)について、日本語教育能力試験の合格という観点からまとめてみました。
「音声記号…。嫌だ~。ややこしいから、後回し!」と思っている方、参考にしてみてください。

国際音声記号(IPA)についての、全体的な流れは以下のようになります。
この記事は【第2章 サ行・タ行・ナ行・ハ行】です。

第1章をご覧になっていない方は、ぜひ、第1章からご覧ください。
だいたいのことがわかっている方は、各章最後の「まとめ」だけ、見ていただいてもいいと思います!

この記事は【第2章 サ行・タ行・ナ行・ハ行】です。

最後まで読んでいただいたら、以下のことがご理解いただけます。

まず、1章で書いた「音声記号を勉強する上でのコツ」を書きます。

◇ まず、日本語で使用する音声だけを勉強する。
◇ 日本語で使用する音を「ア行」→「カ行」→「サ行」の順に整理していく。
◇ 例えば「カ行」を勉強するときに「ガ行」「キャ行」「ギャ行」を一緒に理解する。
◇ 各行で出題されやすい周辺知識を知る。
◇ 余裕があれば、日本語にない音声の音声記号も少し覚える。[f][v][l][r]など。

この第2章もこの流れで書いていきます。では、サ行からスタートです!

サ行

サ行は /サ シ ス セ ソ/ です。
音声記号は、サ[sa]シ[ɕi]ス[sɯ]セ[se]ソ[so]です。

シ[ɕi]←何ですか これ?」⇐あとで説明します!

では、少し第1章を思い出しましょう!

母音…肺から出る呼気を妨げずに発する音声
子音…肺から出る呼気を妨げて発する音声

子音は「①声帯振動の有無」「②調音点」「③調音法」の3つで分類される。
「声帯振動の有無」…声帯が振動するかしないか。【有声音・無声音】

「調音点」…どこで呼気を妨げているか。妨げる場所。
 日本語を調音する際の「調音点」主に下の7つ。※全部「音」を省きます。例:両唇

 「両唇りょうしん歯茎しけい歯茎硬口蓋しけいこうこうがい硬口蓋こうこうがい軟口蓋なんこうがい声門せいもん口蓋垂こうがいすい

「調音法」…呼気を妨げる方法。どのように妨げるか。
  日本語を調音する際の「調音法」は、主に下の6つ。

 「破裂音はれつおん閉鎖音へいさおんともいう)・摩擦音まさつおん破擦音はさつおん鼻音びおん接近音せっきんおんはじおん

では、まず、サ行 /サ スセソ/ の子音は[s]です。

[s]…「無声 歯茎 摩擦音」


① 声帯振動の有無…【有声音・無声音】
カサタパハ行(キャ行やシャ行なども)の子音は無声音。つまり、濁点「゛」がつけられるものが「無声音」で、それ以外の子音は全部「有声音」です。(※母音も有声)

よって、サ行の子音[s]は「無声音」です。

「カサタパハ行(キャ行やシャ行なども)の子音は無声音」これは早めに覚えることをお勧めします。
「母音の無声化」等、いろいろなところで出てくる言葉です。

② 調音点
両唇りょうしん歯茎しけい歯茎硬口蓋しけいこうこうがい硬口蓋こうこうがい軟口蓋なんこうがい声門せいもん口蓋垂こうがいすい」のうちの「歯茎」です。

歯茎しけい」とは歯茎はぐきのことです。上の口腔断面図のように、舌先を「歯茎」(歯の裏と歯茎の境目ぐらい)に向かって盛り上げて、肺から出る呼気を妨げています。

③ 調音法

破裂音はれつおん閉鎖音へいさおんともいう)・摩擦音まさつおん破擦音はさつおん鼻音びおん接近音せっきんおんはじおん」のうちの「摩擦音」です。

摩擦音とは、口腔の一部を狭めて、そこに呼気を通して、摩擦を起こすことで出す音声のことです。
「サ・ス・セ・ソ」と言ってみると、調音点である「歯茎」のところで擦れる感じがありますね。
そのように摩擦させて出す音が「摩擦音」です。
他に調音点は違いますが、/ヒ/や/フ/なども「摩擦音」なので、感覚をつかんでみてください!

※子音[k]の調音法「破裂音」は、閉鎖を作る音でなので、口腔断面図の舌が上にくっつきますが、「摩擦音」は閉鎖を作る音ではないので、舌は上にくっつきません。

では、/シ/[ɕi]について、説明します。

第1章のカ行をご覧いただいた方なら、うっすらわかると思います。
下の説明でわかりにくい方は、☞ 第1章のカ行 のところをご覧ください!

イ段(キ・シ・チ…)は特別で「硬口蓋化」します。
硬口蓋化とは、調音するときに「舌の盛り上がりが硬口蓋に寄る」ということです。
下の口腔断面図[ɕ]をご覧ください。舌の盛り上がりが[s]に比べて、硬口蓋に寄っています。









カ行では、音声記号に[ʲ]が入るだけで、調音点は変わりませんでしたが、
[ɕ]は「硬口蓋化」によって、調音点が変わり、「歯茎硬口蓋」になります。

[ɕ]…「無声 歯茎硬口蓋 摩擦音」

歯茎硬口蓋とは、「歯茎」と「硬口蓋」の間ぐらいのことです。
上の[ɕ]の口腔断面図を見ると、舌先が少し上がって、歯茎硬口蓋に近づいていることがわかります。

一気に書くとややこしいので、第1章のカ行のところでは、書きませんでしたが、ここで書いておきます。

硬口蓋化とは、調音するときに「舌の盛り上がりが硬口蓋に寄る」ということです。
「イ段(キ・シ・チ等)」で起こる現象です。

母音の /イ/[i]は「非円唇 前舌 高母音(狭母音)」でしたね。

舌先を口の中の前の高いところにもっていきます。

硬口蓋化はその[i]を発するのを、先に準備するために起こる現象です。
「サシスセソ」と言ってみると、「シ」だけ先に母音[i]を発する準備をし、調音点が硬口蓋に寄ります。タ行・ナ行等でも、試してみてください!

また、「硬口蓋化」は「口蓋化」とも言われます。「口蓋化」の方がよく使われます。

これで、サ行はオッケーです。

ですが、ここで終わったらもったいないです。シャ行も一緒に覚えましょう!

/シ/[ɕi]は音声記号では、「シャ行」のグループに入ります。
/シ/ だけで覚えず、/シャ シ シュ シェ ショ/で覚えましょう!

シャ[ɕa]シ[ɕi]シュ[ɕɯ]シェ[ɕe]ショ[ɕo]

また、 /スィ/ の音声記号は[si]で、サ行[s]のグループに入るので、一緒に覚えましょう!

サ[sa]スィ[si]ス[sɯ]セ[se]ソ[so]

サ行をまとめると、下のようになります。

サ行  「無声 歯茎    摩擦音」 /サ スィ ス  セ  ソ / [sa] [si] [sɯ] [se] [so]
シャ行 「無声 歯茎硬口蓋 摩擦音」 /シャ シ シュ シェ ショ/ [ɕa] [ɕi] [ɕɯ] [ɕe] [ɕo]

ザ行

ザ行は /ザ ジ ズ ゼ ゾ/ です。
音声記号は、ザ[za]ジ[ʑi]ズ[zɯ]ゼ[ze]ゾ[zo]です。

/ザ ズゼゾ/の子音は[z]、/ジ/ の子音は[ʑ]です。

/ジ/[ʑi]も、/シ/[ɕi]と同様に、「硬口蓋化」します。(※イ段は硬口蓋化する。)

[z][ʑ]は、[s][ɕ]が、有声音(声道振動あり)になるだけです。
有声音になるだけで、調音点と調音法は変わらないため、口腔断面図は[s][ɕ]と同じです。

[z]…「有声 歯茎    摩擦音」
[ʑ]…「有声 歯茎硬口蓋 摩擦音」


これも、/ジ/[ʑi]だけ覚えたらもったないです。
/ジ/[ʑi]は、音声記号では、ジャ行のグループに含まれます。一緒に覚えましょう!

ジャ[ʑa]ジ[ʑi]ジュ[ʑɯ]ジェ[ʑe]ジョ[ʑo]

また、/ズィ/の音声記号は[zi]で、ザ行[z]のグループに入るので、一緒に覚えましょう!

ザ[za]ズィ[zi]ズ[zɯ]ゼ[ze]ゾ[zo]

ザ行の子音[z]は1点、注意点があります。まとめると、

母音間以外は[dz]…「有声 歯茎 破擦音


つまり、/ウザイ/[ɯzai]の /ザ/ の子音[z]は、母音[ɯ]と[a]に挟まれているので、[z]「有声 歯茎 摩擦音」で話されますが、母音間以外は[dz]…「有声 歯茎 破擦音」で話されるということです。

例:/ザイール/ の /ザ/ は[dza]←語頭に /ザ/ があるので、母音間ではない。
  /ベンザ/ の /ザ/ は[dza]← /ザ/ の前が撥音/ン/なので、母音間ではない。
  /グッズ/の /ズ/ は[dzɯ]← /ズ/ の前が促音/ッ/なので、母音間ではない。

ざっくりと、「語頭のザ行音と、特殊音が混ざるのは[dz]」でもいいと思います。

破擦音とは、破裂した直後に摩擦を起こすことで出す音声のことです。
カ行で書いた「破裂音(一時的に閉鎖を作り、それを破裂させる音)」と、サ行で書いた「摩擦音」が合わさった感じです。

「ザイール」と言ったとき、破裂させたあとで、摩擦が起こります。「サイール」なんて言葉はありませんが、「サイール」「ザイール」と何度か言ってみてください。
「サイール」は摩擦しているだけですが、「ザイール」は一瞬だけ閉鎖を作り、破裂されてから、摩擦が起こります。それが、「破擦音」です。

ジャ行の子音[ʑ]も同様に、母音間以外では、[dʑ]になります。
母音間以外は[dʑ]…「有声 歯茎硬口蓋 破擦音

サ行をまとめると、下のようになります。

ザ行(母音間)   「有声 歯茎 摩擦音」 /ザ ズィ ズ ゼ ゾ/ [za] [zi] [zɯ] [ze] [zo]
ザ行(母音間以外) 「有声 歯茎 破擦音」 /ザ ズィ ズ ゼ ゾ/ [dza][dzi][dzɯ][dze][dzo]

ジャ行(母音間)  「有声 歯茎硬口蓋 摩擦音」/ジャ ジ ジュ ジェ ジョ/ [ʑa] [ʑi] [ʑɯ] [ʑe] [ʑo]
ジャ行(母音間以外)「有声 歯茎硬口蓋 破擦音」/ジャジジュジェジョ/[dʑa][dʑi][dʑɯ][dʑe][dʑo]

タ行(ダ行)

ここからはちょっとスピードアップします!

タ行

タ行は/タ チ ツ テ ト/。音声記号はタ[ta]チ[tɕi]ツ[tsɯ]テ[te]ト[to]です。
タ行は、イ段の硬口蓋化 /チ/[tɕi]の他に、/ツ/[tsɯ]も注意しましょう!

まず、/タ  テト/の子音は[t]です。

[t]…「無声 歯茎 破裂音」

① 声帯振動の有無…【有声音・無声音】
カサタパハ行(キャ行やシャ行なども)の子音は無声音で、それ以外は有声音です。
よって、タ行の子音[t]は「無声音」です。

② 調音点
両唇りょうしん歯茎しけい歯茎硬口蓋しけいこうこうがい硬口蓋こうこうがい軟口蓋なんこうがい声門せいもん口蓋垂こうがいすい」のうちの「歯茎」です。

サ行の子音[s]と同じです。
上の口腔断面図のように、舌先が歯茎に向かって盛り上がっています。

③ 調音法
破裂音はれつおん(閉鎖音へいさおんともいう)・摩擦音まさつおん破擦音はさつおん鼻音びおん接近音せっきんおんはじおん」のうちの「破裂音(閉鎖音)」です。

調音点は違いますが、カ行の子音[k]と同じです。
[t]なら、調音点「歯茎」で一時的に呼気の通り道を閉鎖し、それを破裂させて発声します。

※破裂音は、一時的に呼気の通り道を閉鎖するので、口腔断面図は、舌が口腔の上にくっついた図になります。(他に破擦音と鼻音もくっつきます。)


次は /チ/[tɕi]です。/チ/ の子音は[tɕ]です。

これもイ段で、シ[ɕi]と同様に「硬口蓋化」し、調音点が「歯茎硬口蓋となります。

また、それだけでなく、調音法が「破擦音」になります。
[tɕ]は、調音点と調音法どちらもタ行[t]と異なるので、検定試験でよく出題される音です。

/タテト/の子音[t]と比較すると、下のようになります。

[t]… 「無声 歯茎    破裂音」
[tɕ]…「無声 歯茎硬口蓋 破擦音

※「破擦音」も「破裂音」と同様に、一時的に呼気の通り道を閉鎖するので、口腔断面図は舌が上につきます。


では、次は /ツ/[tsɯ] です。/ツ/ の子音は[ts]です。

/タテト/の子音[t]の調音法が「破擦音」になるだけです。

[t]… 「無声 歯茎 破裂音」
[ts]…「無声 歯茎 破擦音

※[ts]は「破裂音」なので、[ts]の口腔断面図は[t]の断面図の舌が上についたものになります。

これらも、/チ/ /ツ/だけで覚えるともったいないです。

/チ/は「チャ行」のグループ、/ツ/は「ツァ行」のグループに入ります。
また、/ティ/[ti]と/トゥ/[tu]は子音[t]のグループに入ります。
一緒に覚えてしまいましょう!

タ行  タ[ta]ティ[ti]トゥ[tɯ]テ[te] ト[to]
チャ行 チャ[tɕa]チ[tɕi]チュ[tɕɯ]チェ[tɕe]チョ[tɕo]
ツァ行 ツァ[tsa]ツィ[tsi]ツ[tsɯ]ツェ[tse]ツォ[tso]

「チェとはツァとか、覚えることが多くなった!」と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、労力はほぼ同じです。
「チ」で覚えるのを、「チャ チ チュ チェ チョ」と覚えるだけです。
このように覚えると、かえって覚えやすくなりますし、いろいろな問題(試験Ⅱの大問3等)に対応できます。

「  /タ  テ  ト/で覚えて、/チ/ で覚えて、/ツ/ で覚える…」という勉強の仕方もあるかと思います。
ですが、/タ  チ  ツ  テ  ト/ で計5音なら、/タ  チ  ツ  テ  ト/ /チャ  チ  チュ  チェ  チョ//ツァ  ツィ  ツ  ツェ  ツォ/と、1.1倍の労力で、3倍の計15音覚えたほうが得です!

ダ行

ダ行は /ダ  デド/ です。音声記号はダ[da]デ[de]ド[do]です。

※/ヂ/と/ヅ/は/ジ/と/ズ/と同じなので書きません。また、ヂャ行もジャ行と同じなので書きません。

[d]は簡単です。[t]が有声音(声道振動あり)になるだけです。
有声音になるだけで、調音点と調音法は変わらないため、口腔断面図は[t]と同じです。

[d]…「有声 歯茎 破裂音」

また、/ディ・ドゥ/の音声記号は[di][dɯ]で、ダ行[d]のグループに入るので、一緒に覚えましょう!

ダ[da]ディ[di]ドゥ[dɯ]デ[de]ド[do]

タ行・ダ行をまとめると、下のようになります。

タ行[t]…「無声 歯茎 破裂音」 /タ ティ トゥ テ ト/ [ta][ti][tɯ][te][to]
チャ行[tɕ]…「無声 歯茎硬口蓋破擦音」/チャ チ チュ チェ チョ/ [tɕa] [tɕi] [tɕɯ] [tɕe] [tɕo]
ツァ[ts]…「無声 歯茎 破擦音」 /ツァ ツィ ツ ツェ ツォ/ [tsa] [tsi] [tsɯ] [tse] [tso]

※念のため /タチツテト/ の音声記号…タ[ta]チ[tɕi]ツ[tsɯ]テ[te]ト[to]

ダ行[d]…「有声 歯茎 破裂音」 /ダ ディ ドゥ デ ド/ [da][di][dɯ][de][do]

ナ行

ナ行は/ナ ニ ヌ ネ ノ/。音声記号はナ[na]二[ɲi]ヌ[nɯ]ネ[ne]ノ[no]です。

/ナ ヌネノ/の子音は[n]、/ニ/の子音は[ɲ]です。
注意するのは、イ段の 二[ɲi]だけです。あとで説明します。

まず、/ナ ヌネノ/の子音は[n]です。

[n]…「有声 歯茎 鼻音」

① 声帯振動の有無…【有声音・無声音】
カサタパハ行(キャ行やシャ行なども)の子音、つまり濁点「゛」がつけられるのは無声音で、それ以外は有声音です。/ナ/には濁点「゛」がつけられません。
よって[n]は「有声音」です。

②「調音点」
両唇りょうしん歯茎しけい歯茎硬口蓋しけいこうこうがい硬口蓋こうこうがい軟口蓋なんこうがい声門せいもん口蓋垂こうがいすい」のうちの「歯茎」です。

サ行・タ行の子音[k][t]と同じです。
上の口腔断面図のように、歯茎に向かって舌が盛り上がっています。

③「調音法」
破裂音はれつおん閉鎖音へいさおんともいう)・摩擦音まさつおん破擦音はさつおん鼻音びおん接近音せっきんおんはじおん」のうちの「鼻音」です。

鼻音とは、口腔内の呼気の通り道を塞いで、鼻(鼻腔)に呼気を通して出す音声です。
上の口腔断面図の の部分で、鼻腔への道が開いています。ここに呼気を通して発します。
ナ行の子音[n]の他に、マ行の子音[m]も鼻音です。「マ・ナ・ノ」などと言って、感じてみてください!

※「鼻音」も「破裂音・破擦音」と同様に、呼気の通り道を塞ぐ音なので、口腔断面図は、舌が上につきます。


では、二[ɲi]について説明します。

/ニ/[ɲ]も/シ/[ɕ]/チ/[tɕ]と同じように、[n]が「硬口蓋化」した音なのですが、
上の口腔断面図のように、舌の盛り上がりの範囲が広いです。

調音点は「硬口蓋」「歯茎硬口蓋~硬口蓋」や「(歯茎)硬口蓋」(※歯茎硬口蓋音を含む広義の硬口蓋音)と示されたりしますが、日本語の /ニ/ は世界で話される[ɲ]の中でもやや歯茎硬口蓋に近いことから、調音点が「歯茎硬口蓋」と示されることが多いです。
(どこでもいいから、1つに統一してほしいですね…。)

テキストによっても、いろいろなことが書いてありますが、
私は細かいことにはこだわらず「歯茎硬口蓋~硬口蓋ぐらい(範囲が広い)」と覚えています!

[ɲ]…「有声 ※歯茎硬口蓋 鼻音」
※「硬口蓋」「歯茎硬口蓋~硬口蓋」「(歯茎)硬口蓋」とも示される。

/ニ/ は、音声記号では「ニャ行」のグループに入るので、/ニ/だけで覚えず、一緒に覚えましょう!

ニャ[ɲa]二[ɲi]ニュ[ɲɯ]ニェ[ɲe]ニョ[ɲo]

ナ行をまとめると、下のようになります。

ナ行 「有声  歯茎    鼻音」 /ナ   ヌ  ネ  ノ / [na]  [nɯ] [ne] [no]
ニャ行「有声 歯茎硬口蓋 鼻音」 /ニャ ニ ニュ ニェ ニョ/ [ɲa] [ɲi] [ɲɯ] [ɲe] [ɲo]
「硬口蓋」「歯茎硬口蓋~硬口蓋」「(歯茎)硬口蓋」とも示される。

ハ行・パ行・バ行

ハ行は超特別です。

みなさんは、大昔、日本語のハ行音はパ行音で話されていたことをご存じですか?
ここでは、書きませんが、とりあえず「ハ行」は、昔はなかった。「パ行とバ行」があったと思ってください!

先に「バ行とバ行」を書いてから「ハ行」を書きます。

パ行

カ行とガ行に「無声音・有声音」の対立があるように、「無声音・有声音」で対立するのは「パ行とバ行」です。「ハ行」特別で、「パ行とバ行」の音声と全く異なります。

パ行は /パピプぺポ/ で、子音の音声記号は[p]です。

パ[pa]ピ[pʲi]プ[pɯ]ぺ[pe]ポ[po]

ピ[pʲi]にカ行で登場した[ʲ]が久しぶりに出てきました。
「ちょこっと硬口蓋化」の[ʲ]です。あとで説明します。

まず、/パ プぺポ/から説明します。

[p]…「無声 両唇 破裂音」

① 声帯振動の有無…【有声音・無声音】
カサタパハ行(キャ行やシャ行なども)の子音は無声音です。それ以外は有声音です。
ちょっと苦しいですが、「パ」も「゜」を取ったら、濁点「゛」をつけられます。
よって[p]は「無声音」です。

② 調音点
両唇りょうしん歯茎しけい歯茎硬口蓋しけいこうこうがい硬口蓋こうこうがい軟口蓋なんこうがい声門せいもん口蓋垂こうがいすい」のうちの「両唇」です。

「パ」と言ってみてください。上の口腔断面図の の部分のように、上唇と下唇がくっつきますね。
肺から出る呼気を両唇(上唇と下唇)で妨げているので、調音点は「両唇」です。
他に、マ行の子音[m]の調音点も「両唇」です。「パ」「ぺ」「マ」などと言って、感じてみてください!

③「調音法」
破裂音はれつおん(閉鎖音へいさおんともいう)・摩擦音まさつおん破擦音はさつおん鼻音びおん接近音せっきんおんはじおん」のうちの「破裂音(閉鎖音)」です。

調音点は違いますが、カ行・タ行の子音[k][t]と同じです。

[p]は、調音点である「両唇」で一時的に閉鎖をつくり、破裂させます。

※「破裂音」は閉鎖をつくるので、口腔断面図の両唇はくっつきます。


では、ピ[pʲi]について、説明します。
[ʲ]については、第1章のカ行のところに書きました。詳しくは ☞ 第1章の「カ行」をご確認ください。

ざっくり言うと、[ʲ]は硬口蓋化を表しますが、ちょっとだけ硬口蓋に寄るだけで、調音点は変わらないというものです。

ピ[pʲi]の場合も、舌が硬口蓋に向かって少しだけ盛り上がりますが、調音点は変わらずに「両唇」です。

ピ[pʲi]…「無声 両唇 破裂音」 ※[p]と同じ。[ʲ]が入るだけで調音点は変わらない。

/ピ/[pʲi]は音声記号では「ピャ行」のグループに入るので、/ピ/だけで覚えず、一緒に覚えましょう!

ピャ[pʲa]ピ[pʲi]ピュ[pʲɯ]     ピョ[pʲo] ※エ段は無視

バ行

バ行は/バ ビ ブ べ ボ/です。子音の音声記号は[b]です。

バ[ba]ビ[bʲi]ブ[bu]べ[be]ボ[bo]

[b][bʲi]は[p][pʲi]が、有声音(声道振動あり)になるだけです。
有声音になるだけで、調音点と調音法は変わらないため、口腔断面図は[p][pʲi]と同じです。

[b]…「有声 両唇 破裂音」 ※[ʲ]が入っても、調音点は変わらない。

/ビ/[bʲi]は、ビャ行のグループに含まれます。一緒に覚えましょう!

ビャ[bʲa]ビ[bʲi]ビュ[bʲɯ]   ビョ[bʲo] ※エ段は無視

ハ行

ハ行特別で「パ行・バ行」の音声と全く異なるので、単独で考えましょう。

ハ行は/ハ ヒ フ ヘ ホ/。
音声記号は、ハ[ha]ヒ[çi]フ[ɸɯ]ヘ[he]ホ[ho]です。

注意するのは、イ段の /ヒ/[çi]と、/フ/[ɸɯ]ですね。あとで説明します。

まず、/ハ  ヘホ/の子音[h]から書きます。

[h]…「無声 声門 摩擦音」

① 声帯振動の有無…【有声音・無声音】
カサタパハ行(キャ行やシャ行なども)の子音は無声音。それ以外の子音は全部「有声音」です。
「ハ行」は濁点「゛」がつけられます。
よって、ハ行の子音[h]は「無声音」です。

②「調音点」
両唇りょうしん歯茎しけい歯茎硬口蓋しけいこうこうがい硬口蓋こうこうがい軟口蓋なんこうがい声門せいもん口蓋垂こうがいすい」のうちの「声門」です。

声門とは、上の口腔断面図の「声門」のところです。簡単に声帯の間の隙間と考えてください。
(上の口腔断面図は[h]のものではありません。すみませんが、[h]の口腔断面図はありません。気になる方は、ご自身で探してみてください。)

声門音は、声門を狭めて呼気を妨げて発する音です。
/ハヘホ/と言うと、感じられるでしょうか?ちょっと声門が締まる感じがします。
感じられなければ、こだわらなくてもいいです。
声門音は、日本語の調音では/ハヘホ/だけなので、そのまま覚えましょう!

③「調音法」
破裂音はれつおん(閉鎖音へいさおんともいう)・摩擦音まさつおん破擦音はさつおん鼻音びおん接近音せっきんおんはじおん」のうちの「摩擦音」です。

調音点は違いますが、サ行の子音[s]と同じです。
[h]は、調音点である声門で摩擦させます。
(正確に言うと、舌をちょっと盛り上げて、口腔内でも摩擦させているそうです。)
私たち、けっこう難しいことやって調音していますね!

これは今感じ取っても忘れやすいので、/ハヘホ/「無声 声門 摩擦音」と、丸覚えのほうがいいと思います!


では、/ヒ/[çi]について、説明します。

[ç]…「無声 硬口蓋 摩擦音」

/ヒ/[çi]も/シ/[ɕ]/チ/[tɕ]/ニ/[ɲ]と同じように、「硬口蓋化」します。
上の口腔断面図のように、舌が広い範囲で、硬口蓋に向かって盛り上がっています。
調音点は「硬口蓋」になります。[h]の「声門」と全く異なるので、注意してください!

※摩擦音なので、舌は上にくっつきません。


次は、/フ/[ɸɯ]です。

[ɸ]…「無声 両唇 摩擦音」

/フ/[ɸɯ]の調音点は「両唇」です。
/フ/と言うと、両唇(上唇と下唇)が接近しますね。
そこで呼気を妨げているので、調音点は「両唇」です。これも[h]と全然違いますね。

/フ/[ɸɯ]の調音点は「両唇」ですが、摩擦音なので、口腔断面図の唇はくっつきません。
 上の口腔断面図でご確認ください!

/ヒ/は「ヒャ行」のグループ、/フ/は「ファ行」のグループに入ります。
これらも/ヒ//フ/だけで覚えず、一緒に覚えましょう!

ヒャ[ça]ヒ[çi]ヒュ[çɯ]ヒェ[çe]ヒョ[ço]
ファ[ɸa]フィ[ɸi]フ[ɸɯ]フェ[ɸe]フォ[ɸo]

ハ行(パ行・バ行)をまとめると、下のようになります。

ハ行 「無声 声門  摩擦音」 /ハ     ヘ  ホ / [ha]      [he][ho]
ヒャ行「無声 硬口蓋 摩擦音」 /ヒャ ヒ ヒュ ヒェ ヒョ/ [ça][çi][çɯ][çe][ço]
ファ行「無声 両唇  摩擦音」 /ファ フィ フ フェ フォ/ [ɸa][ɸi][ɸɯ][ɸe][ɸo]

パ行 「無声 両唇 破裂音」 /パ    プ  ペ ポ /[pa]   [pɯ][pe][po]
ピャ行「[ʲ]が入るだけ」  /ピャ ピ ピュ   ピョ/ [pʲa][pʲi][pʲɯ]    [pʲo]

バ行 「有声 両唇 破裂音」 /バ    ブ  ベ ボ /[ba]   [bɯ][be][bo]
ピャ行「[ʲ]が入るだけ」  /ピャ ピ ピュ   ピョ/ [bʲa][bʲi][bʲɯ]    [bʲo]


ポイントは「ハ行は特別」「有声と無声で対立するのはパ行とバ行」の2点です!

まとめ

第2章では、「サタナハ行」について、書きました。
この記事の内容をまとめると、下のようになります。一応全部書きますが、全部覚える必要はありません。

サ行の子音[s]タ行の子音[t]ナ行の子音[n]ハ行の子音[h]パ行の子音[p]をしっかりおさえれば、あとは「有声になるだけ」「硬口蓋化で調音点が変わる」「硬口蓋化[ʲ]が入るだけで調音点は変わらない」等で整理していけば、大丈夫です!

サ行  「無声 歯茎    摩擦音」 /サ スィ ス  セ  ソ / [sa] [si] [sɯ] [se] [so]
シャ行 「無声 歯茎硬口蓋 摩擦音」 /シャ シ シュ シェ ショ/ [ɕa] [ɕi] [ɕɯ] [ɕe] [ɕo]

 

ザ行(母音間)   「有声  歯茎  摩擦音」 /ザ ズィ ズ ゼ ゾ/ [za] [zi] [zɯ] [ze] [zo]
ザ行(母音間以外) 「有声  歯茎  破擦音」 /ザ ズィ ズ ゼ ゾ/ [dza][dzi][dzɯ][dze][dzo]

ジャ行(母音間)  「有声 歯茎硬口蓋 摩擦音」/ジャ ジ ジュ ジェ ジョ/ [ʑa] [ʑi] [ʑɯ] [ʑe] [ʑo]
ジャ行(母音間以外)「有声 歯茎硬口蓋 破擦音」/ジャジジュジェジョ/[dʑa][dʑi][dʑɯ][dʑe][dʑo]

タ行 「無声  歯茎     破裂音」/タ  ティ  トゥ  テ  ト/ [ta][ti][tɯ][te][to]
チャ行「無声  歯茎硬口蓋  破擦音」/チャ  チ  チュ  チェ  チョ/ [tɕa] [tɕi] [tɕɯ] [tɕe] [tɕo]
ツァ 「無声  歯茎     破擦音」/ツァ  ツィ  ツ  ツェ  ツォ/ [tsa] [tsi] [tsɯ] [tse] [tso]
※念のため /タチツテト/ の音声記号…タ[ta]チ[tɕi]ツ[tsɯ]テ[te]ト[to]
ダ行 「有声  歯茎  破裂音」 /ダ  ディ  ドゥ  デ  ド/ [da][di][dɯ][de][do]

ナ行 「有声  歯茎      鼻音」 /ナ     ヌ   ネ   ノ   / [na]  [nɯ] [ne] [no]
ニャ行「有声  ※歯茎硬口蓋  鼻音」 /ニャ  ニ  ニュ  ニェ  ニョ/  [ɲa] [ɲi] [ɲɯ] [ɲe] [ɲo]
「硬口蓋」「歯茎硬口蓋~硬口蓋」「(歯茎)硬口蓋」とも示される。

ハ行 「無声 声門  摩擦音」 /ハ     ヘ  ホ / [ha]      [he][ho]
ヒャ行「無声 硬口蓋 摩擦音」 /ヒャ ヒ ヒュ ヒェ ヒョ/ [ça][çi][çɯ][çe][ço]
ファ行「無声 両唇  摩擦音」 /ファ フィ フ フェ フォ/ [ɸa][ɸi][ɸɯ][ɸe][ɸo]

パ行 「無声 両唇 破裂音」 /パ    プ  ペ ポ /[pa]   [pɯ][pe][po]
ピャ行「[ʲ]が入るだけ」  /ピャ ピ ピュ   ピョ/ [pʲa][pʲi][pʲɯ]    [pʲo]
バ行 「有声 両唇 破裂音」 /バ    ブ  ベ ボ /[ba]   [bɯ][be][bo]
ピャ行「[ʲ]が入るだけ」  /ピャ ピ ピュ   ピョ/ [bʲa][bʲi][bʲɯ]    [bʲo]

大変だとは思いますが、一緒に「シャ・シュ・ショ」等の拗音や、「ツァ・ツィ・ツェ・ツォ」等のカタカナ語でしか使わない音声も同時に潰しているので、この第2章までで、マラソンの25~30km地点まで来ています。

あと、【第3章 マ行・ヤ行・ラ行・ワ行】と、第4章【特殊音(撥音・促音・引く音)・日本語にない音声】でゴールとなります。
よかったら、第3章もご覧ください!

☞ 国際音声記号(IPA)について【第3章 マ行・ヤ行・ラ行・ワ行】



ご質問、ご相談等、お気軽にコメントをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました